世田谷一家殺害事件 推理 考察 なぜ狙われたのか 動機

世田谷一家殺害事件 なぜ狙われた考察

その日、四人の家族は、昼過ぎから東京都世田谷区内の商店街に買い物に出かけた。翌日31日は大晦日。家族は年越しソバなどを買い、夕方、自宅に戻った。買い物に車を使ったともいわれるが車は自宅のガレージ(車庫)に駐車せず、翌日まで自宅前に路上駐車されていた。

家族は年明け2001(平成13)年1月3日から二泊三日で箱根に旅行の予定だった。被害者A氏、妻、二人の子供、そして、被害者A氏の父親の5人での初めての旅行の予定だった(参考:奪われし夢世田谷一家殺害事件(上)「ケーキ食べに来て」孫の招待悲し最後のXマス祖父絶句『まさか…』発生4カ月、心の傷なお 中日新聞2001年4月30日付)

被害者A氏が車をガレージ(車庫)に駐車しなかった理由はわらからない。日頃から路上駐車することもあったともいわれるが、買い物からの帰宅後以降、誰かを何処かに送り迎えするために車を使う予定があったのか、ガレージ(車庫)内で何らかの作業をする予定だったのか、被害者A氏は永遠に語ることができなくなってしまった。

なぜ、事件は12月30日夜間から31日未明に起きたのか?

世田谷一家殺害事件の犯人像や、犯人の動機、目的、犯人の狙いには様々な見解がある。

金品狙いの強盗説、外国人プロの犯行説、猟奇殺人説、80年代に被害者A氏と妻が自己啓発セミナー(80年代から90年代は自己啓発セミナーが人気だった)で出会い結婚したことからの新・新宗教関与説、被害者A氏の妻が経営(姉との共同経営ともいわれる)していた学習塾の関連説、被害者A氏の副業的な趣味・嗜好(アニメーション、人形劇、舞台、美術関係、インターネット、パソコン等)、政治信条に繋がる価値観などの関係説(外国諜報部の関係)など未解決事件であるからこその推理、言説も散見される。

四人一家殺害という重大事件が空き巣狙いの「流し」の偶発的な犯行ならば、旅行などで家人が不在となる率の高い大晦日から正月を狙うことにより「空き巣」の目的達成率は上がりそうだ。

犯人が被害者A氏と家族の知人であり、事前に1月3日からの予定を把握し、かつ、犯人が金品を狙ったならば、猶更、1月3日以降、空き巣に入るだろう。

では、仮に犯人が被害者A氏の知人であり、かつ、何らかの打ち合わせをするとの理由で被害者A氏宅を訪れたとするなら、12月30日の犯行に合理性が生まれる。

大晦日の31日の打ち合わせ、正月1日、2日の訪問は被害者A氏から拒否される可能性が高い。1月3日(水)から1月5日(金)までは被害者A氏家族が旅行で不在となる。

犯人と被害者A氏が「打ち合わせ」を理由に会うのなら、犯行日の12月30日に意味が生まれる。

犯人は被害者A氏と会える日を考え、事件が発生した2000年12月30日を狙い被害者A氏宅を訪問したのではないだろうか。

本サイトが考える犯人像

本サイトは以下のとおり、過去4回にわたり「世田谷一家殺害事件」の検証を行った。

  1. 世田谷一家殺害事件 検証-1 最新情報
  2. 世田谷一家殺害事件 検証-2 最新情報-2
  3. 世田谷一家殺害事件 検証-3 犯人像
  4. 世田谷一家殺害事件 検証-4 犯人像-2

本サイトは世田谷一家殺害事件の犯人を以下の属性を持つ人物だと考える。

  • 世田谷一家殺害事件の犯人および犯人の親族と被害者A氏および家族は顔見知りである
  • 世田谷一家殺害事件の犯人は親族が所有、居住などしていた城南地域のマンションに関係する
  • 世田谷一家殺害事件の犯人は日系移民の子孫である
  • 世田谷一家殺害事件の父系は明治期から大正期にかけ西日本から海外に移民した
  • 世田谷一家殺害事件の犯人の親族は城南地域に不動産を持つ成功者である
  • 世田谷一家殺害事件は単独犯である

世田谷一家殺害事件の検証第5回目の今回は、上記の仮説に繋がる遺留品と凶器、殺人事件の被害者と加害者の関係性の統計などに着眼しながら被害者A氏が狙われた「様々な仮説と可能性」を検証し、犯人の動機は?被害者A氏及び家族は、なぜ狙われた?などを考察する。

遺留品と凶器から推理・考察

事件現場の地図・事件概要および参考情報

世田谷一家殺害事件 事件概要

事件概要一家4名殺害の強盗殺人事件
事件日時2000(平成12)年12月30日(土)23時頃~31日(日)未明にかけて
事件現場東京都世田谷区上祖師谷3丁目内
被害者数4名(成人2名、幼児2名)
容 疑 者不明 未解決事件 2022年9月9日時点
推定凶器関孫六の刺身包丁1本および被害者宅の包丁1本(計2本)
世田谷一家殺害事件 資料

※犯行日時(2000(平成12)年12月30日(土)23時頃~31日(日)未明にかけて)は警視庁のホームページから。

写真は警視庁が発表している犯人の推定身長と遺留品「エアテックジャケット」「クラッシャーハット」「ラグランシャツ」「ヒップバッグ」「マフラー」「ボア付き手袋」「靴(スラセンジャー)」を装着した犯人のイメージ写真(出典:警視庁のHP上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件)。警視庁が発表している事件当時の犯人の体型は、身長170㎝前後、やせ型(ヒップバッグのベルトの長さ83㎝、実際の腰回りは70-75㎝)、遺留足跡が日本サイズ27.5㎝(韓国サイズ28.0㎝)。「エアテックジャケット」「ラグランシャツ」はLサイズだといわれる。

犯人が身長170㎝前後のやせ型男性だと仮定するとLサイズの服と日本サイズ27.5㎝(韓国サイズ28.0㎝は大きい(一般的に足のサイズは、身長 ÷ 6.5-6.7ともいわれる。同式を利用した場合の身長170㎝の人物の足のサイズは、25㎝~26㎝)ようにも思える。

犯人が自分の体型に合うサイズの服、靴を選んだとするならば(わざと選んでいない可能性もある)、犯人は、手足の大きい、やせ型だが肩幅などが発達したスポーツマンタイプの体型だとも考えられる。

図は、犯人の遺留品にある「エアテックジャケット」販売元「株式会社ユニクロ」の2022年12月11日現在のHPに記載されている「ヌード寸法」(「衣類未着用時の身体のサイズ」で、各商品共通の適応サイズ)を参考に作成した体型からの服のサイズ。

犯人の侵入経路の一つともいわれる(もう一つは玄関からの訪問/侵入。本サイトは玄関からの訪問/侵入だと考える)被害者A氏の中二階の風呂場窓は、「縦五十センチ、横四十センチほどの窓がある。犯人が侵入に使ったとみられる窓だ。(引用:取材ファイル 世田谷一家殺害事件 現場公開 遺族の思い胸に 解決の日まで伝え続ける 中日新聞 2020年2月8日付)」との報道がある。

犯人を腰にヒップバックを装着した「手足の大きい、やせ型だが肩幅などが発達したスポーツマンタイプの体型」と考えるならば、「縦五十センチ、横四十センチほど」の窓から侵入は――容易ではないだろう。

また、2022年6月23日に更新された、警視庁ホームページ「ヒップバッグとマフラーの動画等(警視庁公式HP 更新日2022年6月23日)」には、「ヒップバッグ納品地域・ラグランシャツ販売地域動画」「ヒップバッグ回転動画」「ヒップバッグ機能性説明動画」の動画などが掲載され、犯人が犯行現場に遺した「ヒップバック」の特徴などがわかる。同ホームページの説明によれば、動画で使用されている「マネキンのウエストサイズは、75センチメートル」とあり、マネキンに装着された「遺留品のヒップバック」の大きさと同ヒップバック装着時の人物の外見的なイメージ像の参考になる。世田谷一家殺害事件の犯人は、このヒップバックに凶器の関孫六を入れ被害者宅を訪れた。また、ヒップバックには染料や髪の毛などの微物も遺されている。それは犯人が日常生活のなかでこのヒップバックを使用していたことを意味するかもしれない。そして、ヒップバックを腰に装着する最大の利点は両手を自由に使えることだ。世田谷一家殺害事件の犯人が犯行前の日常生活のなかでこのヒップバック利用していたならば、犯人は移動の際に両手を自由に使いたかったのかもしれない。そう、世田谷一家殺害事件の犯人は日常の移動などに自転車などを使用していた可能性が考えられる。カゴなどのない自転車を使い移動する――それには両手を自由に使えるヒップバックが便利である。

本サイトは、世田谷一家殺害事件の犯人の(犯行当時の)日常的な移動手段は自転車だったと推測する。

なお、本サイトは、過去の報道などから犯人または犯人の家族、親族、関係者は、被害者Aまたは家族の知人の可能性があり、犯人は事件以前から被害者A宅を訪れていたと考えている。

このことから、犯人は玄関から被害者A宅に入った(訪問した)と考え、犯人が被害者A宅を訪れたのは 2000(平成12)年12月30日(土)23時の「数十分前から1時間以内の範囲の午後10時(22時)台」だと推察しており、被害者宅までの移動手段、犯行後の逃走手段は、徒歩、自転車の可能性が高いと推理する。

また、警視庁公式チャンネル「事件当時の発生現場付近のイメージ3D動画」及び下記地図からもわかるが、被害者A氏宅から北西方向(都道118号沿い)直線距離で約150メートルには、警視庁成城警察署「上祖師谷中駐在所」が所在し、東側には環状八号線が通っている。本サイトは事件当時の犯人には環状八号線と親和性、関係性があると推察する(参考:世田谷一家殺害事件 検証-3 犯人像

世田谷一家殺害事件 地図(参考情報)

遺留品・凶器

世田谷一家殺害事件の犯行現場A氏宅には多くの遺留品が残されていた。その遺留品の詳細は警視庁のHP上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件に掲載されている。本サイトでは「世田谷一家殺害事件 検証-4 犯人像-2」において、その遺留品一つ一つの値段から犯人の経済状況などの推察を行い、事件当時の犯人は、学生、浪人生、無職を含む収入の少ない不安定な就労状況だった可能性を指摘した。

ここからは、この遺留品のなかにある凶器(包丁関孫六)とハンカチおよび手袋そして被害者への攻撃状況から犯人の属性や犯行の動機などを考察する。

世田谷一家殺害事件の犯人像や犯行目的の仮説は出版物、報道、ネットにいくつも散見される。そもそも、犯人の被害者A宅への侵入経路にも(中)二階の浴室の窓からの侵入説と玄関からの侵入/訪問説があり、その侵入経路の読み筋により犯人像が大きく違ってしまう。

(中)二階の浴室からの侵入を考えた場合には、①プロの物盗りによる犯行説②素人の物盗りの犯行説③不特定を狙った快楽殺人者の犯行説、などが考えられる。ただし、被害者A氏の知人が、被害者A氏家族を脅迫する目的、殺害する目的または被害者A氏宅に侵入し金品を奪う目的で浴室から入ることも推測できる。この点は注意が必要だ。

また、玄関からの侵入/訪問説に立てば①知人間の「何らかの」トラブルや怨恨(一方的な怨恨含む)から発生した事前準備のある殺人、物盗りを目的とした犯行説②事前準備はあるが当初は強盗殺人を目的とせず脅しなど目的で凶器を準備していたが結果的に殺人に至った説、などが考えられる。

確かに1990年代からは海外密航者斡旋組織などの暗躍により、日本国内での外国人や外国人と日本人の混成グループによる凶悪な犯罪や窃盗、侵入盗、強盗事件が目立つようになった。そして、日本に血縁、地縁を持たないアウトサイーダーの彼(女)らは強引かつ非情な手口の犯罪に手を染めることもあっただろう。報道されている凄惨な犯行現場の情報から、世田谷一家殺害事件の犯人も軍隊経験のある外国人または外国人と日本人の混成グループによる「プロ」の犯行だとの指摘もあるが、本サイトは現場に残された遺留品や報道されている事件の状況から、犯人は、玄関からの侵入/訪問説に立ち①知人間の「何らかの」トラブルや怨恨(一方的な怨恨含む)から発生した事前準備のある殺人、物盗りを目的とした犯行説②事前準備はあるが当初は強盗殺人を目的とせず脅しなど目的で凶器を準備していたが結果的に殺人に至った、と推測している。

ここから、上記を前提とした世田谷一家殺害事件に関する仮説を以下の各項目で述べていこう。

関孫六の購入者特定の報道

2021(令和3)年12月12日、「警視庁は世田谷一家殺害事件の発生(2000年12月30日)の前日(同年12月29日)に東京都武蔵野市内大型小売店舗で関孫六銀寿を購入した男性を前年に特定していたが、同人のDNA型が事件現場から採取された犯人と思しき人物のDNA型と不一致だった」との報道(テレ朝ニュース2021年12月17日配信)がなされた。なお、警視庁は2004年に同人の似顔絵を事件の参考人として公開していた。

上記の報道は今後の世田谷一家殺害事件の犯人逮捕を予感させる重要な内容だ。技術の進歩により過去の未解決事件の解決の糸口を掴める時代が到来した。

世田谷一家殺害事件の犯行に使われた「関孫六 銀寿」の詳細が記されている警視庁成城署特別捜査本部資料(改訂4版)によれば、同柳刃包丁は「刃体21cm、柄部分を含めた全長34cm」「福井県内の業者が、2000(平成12)年6月に1,500本製造したもので、関東地区46店舗では、1丁3,500円前後で販売された」とある。

この約1500本のうち東京都武蔵野市の大型小売店で販売された1本を前述の男性は購入したのだろう。ここで問題になるのは、犯人が「いつ」「どこで」「どのような目的で」この包丁を購入など(盗んだ。貰ったなどの可能性もある)したのかだろう。ただし、それらの疑問の答えは犯人逮捕まで待たねばならない。そして、犯人は「関孫六 銀寿」を犯行日の前日や同月内やその前月に購入などした可能性以外も十分に考えられる。「関孫六 銀寿」は、2000(平成12)年6月に製造されている。当然だが販売は6月以降となる。世田谷一家殺害事件の犯人は最大6か月前から「関孫六 銀寿」を所有、所持などしていた可能性がある。そして、以前から知人などの関係にあった被害者A氏に対する悪感情が高まりヒップバックに「関孫六 銀寿」を入れ、2000(平成12)年12月30日、被害者宅を訪れたのだろう。

なぜなら、過去の報道に、犯人と被害者A氏家族の関係性を指摘する報道が散見され、それらの報道には「一方、今年8月ごろ、捜査本部が詳細に検証したところ、宮沢さん宅1階車庫周辺にも蛍光剤が付着していた。鑑定の結果、遺留品のものと成分がほぼ同一であることが確認された。車庫は事件当時シャッターが閉まっていたほか、犯人の足跡などから周辺を出入りした形跡がない。このため捜査本部は、犯人か犯人に近い人物が、以前に宮沢さん宅を訪れていたか、宮沢さんと交友があって蛍光剤が宮沢さんを通じて付着した可能性があるとみて、蛍光剤の流通ルートと交友関係を調べている。(引用:東京・世田谷区の一家4人殺害:きょう8年 犯人下見? 車庫に蛍光剤 毎日新聞 2008年12月30日付)」とある。なお、引用記事中の「今年8月」は2008年8月を指している。

手袋とハンカチ 顔見知りの犯行か?

警視庁の発表および過去のメディア報道によれば、犯人の物と思われる遺留品のなかに手袋がある。だが、その手袋は犯行時に使用されていないとの報道もあり、犯人は手袋を脱ぎ素手で関孫六を握り、被害者A氏家族3人を襲ったといわれている。

画像は遺留品の手袋(出典:警視庁HP)エドウィン社製。色は黒色。サイズはフリーサイズ(26センチとの表記もある)1,980円前後で株式会社ジーンズメイト、株式会社マルフル(M/X)等で販売されていた。

出典:警視庁HP事件詳細のPDF成城署特別捜査本部(改訂4版)

ここで疑問となるのが、なぜ、犯人は犯行時に手袋を使用しなかったのか。また、犯人は持参したハンカチの「中央付近に約3センチの切り込みを入れ、ハンカチの切り込みにハンカチの他の部分を通して袋状にし、凶器である包丁の柄を差し込んで使用した(参考:警視庁HP更新日:2018年12月14日 リンク先の同HPにハンカチの特徴、使用方法に関する動画があります)」といわれているが、その作業を「いつ」行ったのか。事件現場となった被害者宅でその作業を行ったのか?それとも事前にその作業を行い、ハンカチを巻いた状態の関孫六をヒップバックに入れ被害者宅を訪れたのか?仮にそうだとするならば、滑り止めなどの理由からハンカチを凶器に巻く事前準備をしていながら、なぜ、事件現場で手袋を使わなかったか?手袋を使うと手の感覚が鈍るからか?手袋を使うと滑るからか?犯人が犯行の際に手袋を使用しなかった理由は、はっきりわからない。もしかしたら、犯人には手袋をする時間的な余裕などがなかったのかもしれない。つまり、手袋を脱いだ後、なんらかの理由で突発的にヒップバックに入れていた関孫六を手にし、そのままの状態で犯行に至ってしまった。この手袋を脱ぐ行為――世田谷一家殺害事件が「流し」の犯人による犯行ならば――この動作は不必要な動作である。このことからも、世田谷一家殺害事件の被害者A氏および家族と犯人または犯人の親族との間に人的関係性があった可能性が考えられる。

計画的な犯行説を考察する

現場に遺された犯人の遺留品が世田谷一家殺害事件当日の犯人の全ての持ち物だった仮定するなら(多くの遺留品や血痕やDNAを現場に遺した犯人が遺留品を偽装工作などする可能性は低いと思われる)、他人の家に侵入するための道具が見受けられず、複数の人間を殺害するための凶器も「関孫六 銀寿(柳刃包丁)」1本というかなり雑な準備だけである。犯人はヒップバックの中に柳刃包丁を1本だけ入れ、窃盗や快楽殺人をする目的で他人の家に侵入したのだろうか。確実性を狙うプロの所持品としてはあまりにも心許ない。殺害を目的とするなら道具(凶器)の選定や準備が足りない。

つまり、世田谷一家殺害事件が「侵入盗」「快楽殺人」を目的とする所謂「流し」の犯行であるなら事前準備が足りず、当初から怨恨などの理由による殺害を目的とする「鑑」の事件とするならば計画性に欠けるとも考えられる。

そう、世田谷一家殺害事件の犯人から感じられる上記の特性がこの事件を複雑にしているともいえるだろう。

快楽殺人犯説を考察する

性的サディズムが犯行の要因と考えらえる未成年(若年)の快楽殺人犯は、「相手を痛めつける」「相手を殺す」などを目的とするナイフなど凶器を収集し、それらの凶器を犯行時に使用することがあるが、世田谷一家殺害事件の犯人の遺留品からはその傾向は窺われない。

また、快楽殺人犯は、被害者を完全にモノ化しながら、相手に苦痛を与え、相手の苦しみに興奮し、相手を実験対象のように観察し、被害者の遺体を損壊などする傾向があるが、報道されている範囲のなかで世田谷一家殺害事件にそのような特徴は見られない。

以下の表は、未成年(若年)の快楽目的殺人犯の主な事件及び事前に収集、用意などしていた凶器類。

平成9年(1997年)2月-5月「神戸連続児童殺傷事件」の酒鬼薔薇聖斗は小学生の頃からナイフなどを収集していた。
(参考,『絶歌』著者,元少年A,太田出版2016/4など)
平成26年(2014年)7月26日『佐世保女子高生殺害事件』の犯行当時16歳女A(2015年7月13日、医療少年院送致の保護処分決定)は、凶器のノコギリやハンマーを事前に用意していた。
(参考:長崎・高1殺害 1人暮らし、猟奇性深める? 専門家「精神鑑定を 産経新聞 2014.07.29」
平成26年(2014年)12月7日『名古屋大学女子学生殺人事件』や『硫酸タリウム事件』などの(犯行当時は未成年)O受刑者(2019年10月22日、無期懲役が確定、服役中)は、10代半ばから硫酸タリウムや斧を所持していた。
(参考,名古屋77歳殺害 凶器おの「中学から所持」容疑の女子学生供述 読売新聞 2015.01.28)
2019年(令和1年)9月23日『茨城一家殺傷事件』のO被告人(2021年9月17日、殺人の罪などで起訴)は、ナイフ類や約45キロの大量硫黄などを集めていた。
(参考:「俺は神だ」“猫殺し”から“少女2人連続殺人未遂”へ 第二の「酒鬼薔薇」が病理を明かす16歳の「供述調書」襲撃後「ナイフの血のり」を舐め恍惚感を覚えた「性的サディズム」 裁判記録で「両親の証言」公開 「ナイフ71本」を買い与え「モンスター」を放置した無責任 週刊新潮 2021.05.20)
<世田谷一家殺害事件 なぜ狙われたのか 参考資料>未成年(若年)の快楽殺人犯が事前に収集、用意などしていた凶器類

※なお、「茨城一家殺傷事件」は判決が確定などしていないため事実認定はなされていない(2022年6月21日 現在)

これらの考察から、世田谷一家殺害事件の犯人は快楽殺人目的で被害者A氏と家族を狙ったわけではないと推察する。

突発的な事件の可能性を考察する

前述の報道(犯人と被害者A氏家族の関係性を指摘する報道)が正しいとするなら、世田谷一家殺害事件の犯人は時期は特定できないが犯行以前から被害者A氏宅を訪れていたと考えらえる。そう、世田谷一家殺害事件の犯人は被害者A氏または家族と知人などの関係に被害者宅を(事件当日も含め)複数回訪問するなどから両者の関係に友好な時期があったとも推察される。

だが、きっかけや時期はわからないが、犯人の心に一方的な恨み(被害者A氏が犯人の訪問を許したと仮定するなら被害者A氏には悪感情はなかったとも思われるため)を含め被害者Aおよび家族に対する悪感情が生まれた。犯人は以前からその感情を心に秘めていた。その感情が心のなかで大きくなり「関孫六 銀寿(柳刃包丁)」を用意して被害者宅に向った。最初は普通に会話していたかもしれない。会話の途中で「なにか」あれば所持した関孫六で脅すつもりだったのかもしれない。または最初から関孫六を使うつもりだったのかもしれない。

何れにせよ関孫六だけの準備で多数の人間を殺害する意図を持っていたのなら――犯人の準備の足りない――計画性に欠ける――素人的な犯罪者だと推察される。

結果の残忍さからのミスリードの可能性を考察

犯人未逮捕の現在、犯人の動機の詳細や犯行までの経緯は完全な主観による憶測になってしまうが、所持していた攻撃用の武器(関孫六)を被害者の顔面や頭部など硬い人体部位に突き立てればその刃物がどうなるのか――犯人が用意周到なプロなら容易にわかることだろう。実際、頭部や顔面への攻撃により関孫六は折れている。そして、持参した包丁が折れた後は力任せに相手を攻撃し、さらに被害者A宅にあった包丁を使いさらに攻撃したのではないか。犯人は持参した関孫六が折れた後も被害者A氏の妻や子に対しその折れた関孫六を振り下ろし力任せの攻撃を加えた。それが凄惨かつ特異な世田谷一家殺害事件の事件現場の要因の一つだと推察される。

この残忍な結果からの犯人像に関する推測や推理が犯人と事件のイメージをミスリードさせる原因になっているのではないか?本サイトではその可能性も指摘しておこう。

過去の重大事件との比較

90年代以降の重大事件との比較からの考察

世田谷一家殺害事件は3名を犯人が持参した関孫六と被害者宅にあった包丁で刺殺などした事件である。ただし、被害者家族の長男D君は絞殺。

ここで2000年12月30日に発生した世田谷一家殺害事件の同時期および以降に発生した単独犯の犯行と認定または推測され成人含む3人以上を刃物などで死傷させた事件を確認しよう。以下の図は確認された主な上記条件の事件であるが、いずれの事件でも包丁が凶器の場合はそれ以外の凶器も犯行に使用している。

発生年月日事件名被害者数使用凶器
1999年09月08日池袋通り魔殺人事件8名包丁、玄能
1999年09月29日下関通り魔殺人事件15名包丁、車
2000年05月03日西鉄バスジャック事件3名牛刀
2000年08月14日大分一家6人殺傷事件6名サバイバルナイフ
2004年08月02日加古川7人殺害事件7名牛刀2本、金槌、ガソリン
2004年09月09日※1.愛知豊明母子4人殺人放火事件4名サバイバルナイフ、鈍器、灯油
2006年05月07日山形一家3人殺傷事件3名刃渡45cm、全長約70cmの両刃の刃物
2008年06月08日秋葉原通り魔事件17名ダガーナイフ、車
2015年03月09日淡路島5人殺害事件5名サバイバルナイフ
2017年07月16日神戸市北区5人殺傷事件5名包丁、金属バット
2019年09月23日※2.茨城一家殺傷事件4名刃物、催涙スプレー
<世田谷一家殺害事件 なぜ狙われたのか 参考資料・2> 過去の重大事件との比較

なお、※1.「愛知豊明母子4人殺人放火事件」は、未解決事件(2020年2月16日現在)のため使用凶器は報道からの推測であり、※2.「茨城一家殺傷事件」は2021年9月17日に殺人罪などで起訴されているが判決には至っていないため事実認定はなされていない。

また、前述の条件には合致しない2000年5月1日には、「人を殺してみたかった」などを理由に成人女性の身体を40か所以上も刺し、金槌で殴打し死亡させ、その女性の夫にも重傷を負わせた少年犯罪「豊川市主婦殺人事件」がある。

上記の図からもわかるとおり、3人以上を死傷された事件の包丁の使用は2件だけであり、その2件でも包丁以外の「武器」を犯人は使用している。このことから、加害者となる者が複数の人間を殺害する意図を持った時、その者は複数の「武器」を用意などする傾向が伺われるともいえる。

上記の点から考えれば、関孫六「だけ」を現場に持ち込んだと思われる世田谷一家殺害事件がプロの犯罪だとは考え難い。さらに言えば強い殺害の意図を持って被害者宅を訪れたのかも疑わしい。――もしかしたら―当初は脅しの目的で関孫六を持参し――事態の急変により残虐な犯行に至った可能性も――考えられないだろうか。

90年代以降の刃物を使った頭部への攻撃事件例

世田谷一家殺害事件は犯人が事前に用意したと思われる関孫六の柳刃包丁などを使い被害者A氏家族3人の顔面や頭部を激しく攻撃したといわれている。

そこで過去の報道から90年代以降、被害者の顔面や頭部を刃物で攻撃した(切りつけの表現含む)事件を調べてみた。

確認された範囲での上記条件に該当した事件は以下の4つの事件である。

  1. 1999年5月22日に発生したJ2リーグ所属外国人選手に対する外国人2名の容疑者による事件
  2. 1999年9月29日に発生した下関通り魔事件
  3. 2000年5月3日に発生した西鉄バスジャック事件
  4. 2007年4月10日、沖縄県宮古島で発生した25歳次男による母親への殺人未遂事件(被害者は全治10日の怪我)

なお、上記1は深夜の繁華街での事件のため世田谷一家殺害事件の背景とは大きく違うと思われる。また、上記2,3は無差別殺人事件、上記4は親密な人間関係の親子間の事件であり、世田谷一家殺害事件は上記2,3に近いとも考えられるが、本サイトは加害者と被害者の間に上記4のような親密な関係があった可能性を指摘する。

共通項が考えられる他の事件

事件名凶器犯行時犯人の年齢犯人と被害者の関係
下関通り魔殺人事件包丁、車35歳無関係
西鉄バスジャック事件牛刀17歳無関係
<世田谷一家殺害事件 なぜ狙われたのか 参考資料・3> 共通点が考えられる過去の事件資料

上記の2つの事件は3人以上を無差別に死傷させた事件であり、犯行に包丁や牛刀(西鉄バスジャック事件の牛刀は刃渡り30cm全長40cmほどの大型の肉切包丁、価格約14,000円))を使い被害者の顔面、後頭部、首などを攻撃している点が世田谷一家殺害事件との共通項である。

ただし、上記2つの事件の犯人には精神科病院への通院歴があるといわれている。

繰り返しになるが、世田谷一家殺害事件は犯人が持参したと考えられている関孫六の柳刃包丁など2本の刃物を使い被害者A氏家族3人の顔面や頭部を激しく攻撃したといわれている。

刃物を使い相手の顔面や頭部を激しく攻撃する特異な事件。

それが世田谷一家殺害事件である。

そして、世田谷一家殺害事件の犯人には上記2つの事件に重なる点があるのかもしれない。そう、世田谷一家殺害事件の犯人にも精神科病院への通院歴などの可能性が考えられる。

ここからは、統計からの被害者と加害者の関係性や動機を参考にしながら被害者A氏と家族が狙われた理由を検証し、可能性が低いものをさらに排除しながら、考察された残る可能性を述べたいと思う。

被害者と加害者の関係と動機に関する統計

被害者と加害者の関係性や犯行の動機に関する統計からの分析を行った法務省の施設等機関「法務総合研究所」の「研究部報告50-第2章殺人事件の動向(P8)」には以下の記述がみられる。

(前略)殺人事件の動機として多いのは,憤まん・激情,報復・怨恨,暴力団の勢力争い等,痴情・異性関係トラブル,介護・養育疲れであったが,それらのいずれの動機においても,面識のない相手に対する事件は最も少なかった。親族,面識のある相手との関係における問題が殺人の動機を抱く契機・原因となることが多く,面識のない相手に対して殺人事件の動機を有するに至ることは比較的少ないと考えられる。

法務省の施設等機関 法務総合研究所研究部報告50-第2章殺人事件の動向 (無差別殺傷事犯に関する研究 2013)

上記は平成22(2010)年版警察庁「犯罪白書」の統計に基づいた法務省の施設等機「法務総合研究所」の分析である。

なお、平成22(2010)年版警察庁「犯罪白書」にある「主たる被害者との関係別構成比(罪名別)」「殺人・傷害致死 主たる動機・被害者との関係別人員」の図は以下のとおりである。

統計からも殺人事件の被害者と加害者の間には面識(親族含む)のあるケースが多く、その動機には、「憤まん・激情」「報復・怨恨」が多いことがわかる。

殺人事件の多くは事前に犯人と被害者に面識(親族含む)があり、面識のない者の間の殺人事件は全体の約1割である。

そう、世田谷一家殺害事件も事前に被害者A氏および家族と面識のある犯人の一方的な恨み、激情が動機となり被害者A氏とぞの家族が狙われた可能性が高いといえそうだ。

パソコン操作からの考察

過去報道によれば、「事件は隣家に住む親族が『ドスンドスン』という大きな物音を聞いた12月30日午後11時半ごろに発生(引用:東京・世田谷区の一家4人殺害:犯人、未明に逃走か パソコン接続、誤作動 毎日新聞2014年12月12日付)」し、犯人はその後も被害者A氏宅に留まり、翌日31日の「午前1時18分以降(引用:東京・世田谷区の一家4人殺害:犯人、未明に逃走か パソコン接続、誤作動 毎日新聞2014年12月12日付)」に逃走した可能性が高いと思われる。

さらに、上記の毎日新聞2014年12月12日付報道によれば、「捜査関係者によると、宮沢さん方1階にあったPCには、31日午前1時18分と同10時の2回、インターネットに接続した記録が残されていた。しかし、(1)2回目の接続はサイトを移動しないまま約4分後に切断(2)発見時にマウスが机から落ちていた――などの不審点があったため、同機種で再検証したところ、マウスが落下した衝撃などで自動的に接続する場合があることが分かった。1回目の接続の際は空フォルダーを作成したりサイトを閲覧したりした形跡があるため、捜査本部は犯人がパソコンを操作した午前1時18分以降に逃走したとみている」と、犯人が被害者A氏宅1階のパソコンを操作した形跡についての捜査関係者の見解が記されている。

犯人は被害者A氏とその家族3人を殺害したのち、パソコンを操作した。このパソコン操作の意味はなんだろうか?被害者A氏は仕事と趣味でパソコンを利用し、インターネットにも精通していた。

被害者A氏は、1996年8月5日発売の朝日新聞出版発行「AERA」の『あなたの社名は使えない?インターネット上の商標登録』で「ドメイン」は会社の知的財産などの会社資産に準じる資産だとの見解を述べている。

犯人は被害者A氏のパソコンを興味本位だけで操作したのだろうか。それとも被害者A氏のパソコンの中に犯人の要求に繋がる情報などの「モノ」があったのだろうか。

本サイトは、被害者A氏が狙われ、家族を含めた4人が殺害された理由、犯人の動機などの推測に、犯人による被害者A氏のパソコン操作に着眼することが肝所だと考える。

まとめ「残る可能性と考察の要旨」

以下は、世田谷一家殺害事件に関する考察(事件の背景、犯人と関係性、犯人の動機等)の要旨である。

世田谷一家殺害事件の被害者A氏(夫)と公表される犯人の年齢15歳~20代には、年齢差(最大29歳、最小15歳)がある。このことから、そもそも、世田谷一家殺害事件の被害者A氏家族と犯人の親族などとの間に人間関係があり、その親族などを通じて世田谷一家殺害事件の犯人と被害者A氏家族が親しくなった可能性がある。つまり、世田谷一家殺害事件の被害者A氏家族と犯人の親族被害者A氏が高学歴であることから、この犯人の親族も高学歴の成功者だと推測される)は、かなり以前からの知り合いの可能性がある。(参考:世田谷一家殺害事件 検証-4 犯人像-2

世田谷一家殺害事件の被害者A氏家族は、事件の約10年前まで東京都世田谷区の東急電鉄の某駅から近い場所に住み、東急電鉄目黒線『奥沢駅』前付近で被害者A氏の妻は学習塾を経営(共同経営の可能性もある)していたといわれる。(参考:世田谷一家殺害事件 検証-1 最新情報)世田谷一家殺害事件の犯人の親族と被害者A氏家族との間に以前から人間関係があると仮定した場合、それは被害者A氏家族の以前の土地鑑(世田谷区内の2つの駅)を中心とした生活圏に関係している可能性が考えられる。

過去の報道には、世田谷一家殺害事件の被害者A氏宅のスリッパに付着していた汗など微物鑑定から犯人のDNA型が検出され、犯人は犯行以前に被害者A氏宅を訪れていた可能性の指摘があり(参考、引用:世田谷一家殺害11年 スリッパに犯人DNA型 事件前、被害者と接触か 産経新聞 2011年12月29日付)、被害者A氏家族と犯人との間には友好的な関係があった可能性も考えられる。

また、前述のとおり、2008年末の報道(東京・世田谷区の一家4人殺害:きょう8年 犯人下見? 車庫に蛍光剤 毎日新聞2008年12月30日付)及び2009年12月11日頃の「犯人が残したトレーナーとヒップバッグ」と被害者A氏宅の「車庫にある収納家具」から「3種類の染料(粉末染料「ローダミン」など)」が発見されたとの報道から、犯人は被害者A氏宅を過去に最低でも1回、スリッパが夏季用等の理由で事件当時に使用されていなかったスリッパだと仮定した場合は、トレーナーを着る秋以降に1回(この訪問で被害者A氏宅の車庫内に同一染料が付着した可能性が考えらえるため)の計2回以上の訪問が考えられ、犯人は2000年の秋以降から事件当日のまでの間にも被害者A氏宅を訪れていたとの推測も可能だ。

つまり、犯人と被害者A氏との間に人間関係があったのなら、事件直前まで友好関係(少なくとも被害者A氏は犯人を信用していたのだろう)があった可能性が高いと思料される。

なお、正確には遺留品の「ヒップバック」と「車庫にある収納家具」から同一の3種類、遺留品「トレーナー」の胸付近からは2種類が検出されたようだ(参考:「世田谷一家殺害 美術関係者 犯行関与か 遺留品に3種類の染料 中日新聞 2009年12月11日付」「遺留品の薬剤、染色用 警視庁が成分分析 世田谷一家殺害事件 朝日新聞2009年12月14日付」「世田谷一家殺害 遺留品から染料3種類 2社・流通ルート捜査 産経新聞2009年12月14日付」)

そして、世田谷一家殺害事件の犯人が犯行のために用意した凶器は、「関孫六 銀寿」の包丁だけだといわれている。

世田谷一家殺害事件の被害者は、なぜ狙われた?犯人の動機・目的は?本サイトの結論は以下のとおりだ。

繰り返しになるが、本サイトでは、被害者A氏またはその家族と犯人およびその親族には、事前の人間関係があると推察している。

前述の過去の報道が正しいと仮定するなら、犯人は少なくとも1回以上、被害者A氏宅を訪れている。つまり、被害者A氏または家族は、犯人を事件以前に1回以上、自宅に招き入れ染料などの打ち合わせを自宅で行い、被害者A氏の妻も犯人と知り合い関係だったのだろう。

さらに、犯人と被害者A氏の年齢差の考察から、被害者A氏家族と犯人の関係性は、犯人の親族を通じた関係性だと推察されることも改めて指摘してこう。

世田谷一家殺害事件の犯人像には「軍隊での勤務経験のある外国人」説、「流しの侵入盗・強盗」など職業的な犯罪者(プロ)による金銭目的の強盗または殺人などなどの諸説があるが、本サイトは加害者と被害者Aには事前の人間関係があると推測するため、「流し」の職業的犯罪者による犯行ではないと考える

また、犯人は事前に凶器を準備し所持はしているが、事件の当日、犯人が被害者A氏宅を訪れた理由や目的が殺人、快楽殺人、強盗、侵入盗だとするならば準備不足とも考えられるため、「快楽殺人」や金銭などを狙った「強盗」「侵入盗」など目的の可能性は低い。

当然ながら警察は被害者A氏及びその家族、親族などの職歴、経歴などからの人間関係、交友関係などを徹底的に捜査しているが、これまで犯人の逮捕に至っていない。本サイトが指摘する犯人はそれらの属性の外にいる者だ。つまり、犯人の要求(事件当日の犯人と被害者A氏の会話)は仕事上の取引、金銭の問題ではなく、被害者A氏及び家族、親族の職歴、経歴に直接的な関係のない趣味・嗜好、思想信条などから生まれた問題からの要求(会話)だと推察される。

これまでの検証により上記のいくつかの犯行動機の可能性が消えたと仮定するならば、残る犯人の動機、被害者家族が狙われた理由は――以前から被害者A氏と知人関係にある犯人は、自分の要求などを相手に飲ませるため(凶器を脅し目的に持参した可能性もあるが)被害者A氏宅を訪れ(玄関から訪問)――精神的な問題を抱える犯人は――要求に応えない被害者A氏に激高し、失望し、不満を抑えることが出来ず、前代未聞の犯行に至ったと推察し、結論する。

掲載日:2022年2月17日

最新更新日:2023年2月25日


◆参考・引用文献
東京・世田谷区の一家4人殺害:きょう8年 犯人下見?車庫に蛍光剤 毎日新聞 2008年12月30日付
包丁を包む方法、比北部の仕方?世田谷一家殺害事件 朝日新聞 2019年12月14日付
女性顔面刺される/生命別条なし二男の犯行か/宮古島市 琉球新報社 2007年4月11日付
世田谷一家殺害11年 スリッパに犯人DNA型 事件前、被害者と接触か 産経新聞 2011年12月29日付
一家4人殺害 手にけがの男聴取 以前出入りの22歳 都内病院で3日に治療 産経新聞 2001年1月10日付
世田谷・一家殺害 広島の病院に不審男 右手大けが 治療受けず姿消す 中日新聞 2001年1月16日付
『惨殺犯を追う』世田谷一家殺害事件1年(下)産経新聞 2001年12月29日付
【J2】<大宮>ヨルン左目などを刃物で切られ選手生命危機 スポーツニッポン 1999年5月22日付
クローズアップ2001]世田谷一家殺害事件・発生1年 犯人像、今も絞れず 毎日新聞 2001年12月27日付
世田谷一家殺害 美術関係者 犯行関与か 遺留品に3種類の染料 中日新聞 2009年12月11日付
遺留品の薬剤、染色用 警視庁が成分分析 世田谷一家殺害事件 朝日新聞2009年12月14日付
世田谷一家殺害 遺留品から染料3種類 2社・流通ルート捜査 産経新聞2009年12月14日付
奪われし夢世田谷一家殺害事件(上)「ケーキ食べに来て」孫の招待悲し最後のXマス祖父絶句『まさか…』発生4カ月、心の傷なお 中日新聞2001年4月30日付
DNAが語る「真実」世田谷一家殺害事件から10年 週刊朝日 2010年12月31日付
あなたの社名は使えない?インターネット上の商標登録 「AERA(朝日新聞出版発行)」1996年8月5日発売号

世田谷一家4人強盗殺人事件 – 警視庁ホームページ(リンク先は警視庁ホームページにある世田谷一家4人強盗殺人事件に関するPDFです)


あなたにお勧め 未解決事件シリーズ


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 記事『世田谷一家殺害事件:仮説的プロファイリング(日系米国移民の子孫とみずがめ座の時代)』アイキャッチ画像
    本サイトでは、2000年12月30日夜から31日未明に発生した世田谷一家殺害事件について、…
  2. 記事「映画『偽りなき者』の考察と感想:偏見が奪う、考える力と正しく見る目」アイキャッチ画像
    この世で最も忌むべき犯罪として、幼い子供に対する性的虐待が挙げられる。逆らえない、もしくは…
  3. 記事:ドラマ『運命の人』考察:知る権利VS.国家機密イメージ画像
    西山事件をモチーフにしたドラマ『運命の人』は、国民の知る権利と国家機密という二つの重要なテ…
  4. 影の戦争:セキュリティ・クリアランスとスパイ防止法・有名スパイ事件と情報戦
    2024年3月28日、経済安全保障上の重要情報へのアクセスを、政府が信頼性を検証した個人に…
  5. 記事「東京都大田区会社員失踪事件(遠田高大さん行方不明事件)」アイキャッチ画像
    日常のなか、人が突然蒸発する。蒸発した理由は誰にもわからない。 残された者は失踪者を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る