グリコ・森永事件

グリコ・森永事件

本記事はこれまで検証、考察などしたグリコ・森永事件の「まとめ記事」である。以下は各頁の主な内容。

グリコ・森永事件は本邦の犯罪史と人々の記憶に残る未解決事件の一つである。

怪人21面相を名乗る犯人グループはマスコミを利用しながら警察の捜査を攪乱し――時にあざ笑い――全ての消費者を人質にしながら食品製造会社を約1年6月にわたり脅しつづけた。

2000(平成12)年2月13日、怪人21面相を名乗る犯人グループが関与すると認定される全ての事件の公訴時効が成立した。

時効から約22年の歳月が流れたが――犯人(怪人21面相グループ)はどのようなグループなのか?脅迫電話で使われた子供(男児2名または3名及び女児1名と推認されている)は誰なのか?この子供達のその後の人生は?怪人21面相と裏取引をした企業はあったのか?怪人21面相の犯行目的はなんだったのか?等々――誤解を恐れずに言えば未だに多くの者の「好奇心」を刺激する特異な事件だ。

本サイトは過去の報道などからグリコ・森永事件を考察、検証を行い、犯人グループの行動が滋賀県から始まり滋賀県で終わったこと、大正11(1922)年に創業された江崎グリコ株式会社が怪人21面相の最初の犯行と認定される(昭和59)1984年3月18日(日曜日)21時頃に発生した社長誘拐事件の7-8年前から脅迫を受けていたことなどを記した。

江崎グリコ株式会社は、昭和51(1976年)年頃から黄巾族を名乗る者(達)に脅され、昭和53(1978)年には『昭和53年テープの男』に脅迫されている。

想定される怪人21面相の構成員

1昭和53年テープの男(脅迫状の筆者と同一人物か?)
2キツネ目の男(パンチパーマの男及び江崎グリコ社長宅の襲撃や拉致、淀川河川敷の男女襲撃の実行部隊の3人のうちの一人と同一人物か?)
3江崎グリコ社長宅の襲撃や拉致、淀川河川敷の男女3襲撃の実行部隊の1人(仮称A)
4江崎グリコ社長宅の襲撃や拉致、淀川河川敷の男女3襲撃の実行部隊の1人(仮称B)
5当時40歳前後の女性
6脅迫テープの中学生くらいの女児
7脅迫テープの男児2名~3名
グリコ・森永事件資料<想定される犯人グループの構成員>

黄巾族(賊)は「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子」を掲げ184年の「黄巾の乱」を実行した一団だが、グリコ・森永事件が実行された1984(昭和59)年も「甲子」の年である。

(詳細過去記事はリンクカードをクリックしてください)

次は:『昭和22年に復員した男』『事件前の準備と計画』

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. The Boys from Brazil
    映画『ブラジルから来た少年(The Boys from Brazil)』は、総統アドルフ・ヒトラーの…
  2. 高野山 
    高名な僧である空海には、今も様々な伝説が残っている。その中で最も有名なものは、「空海が高野山の奥の院…
  3. アウシュヴィッツ
    ゾンダーコマンドの反乱(武装蜂起)が行われた1944年10月7日の前日と思しき日。死の収容所アウシュ…
  4. 赤城神社主婦失踪事件
    赤城神社主婦失踪事件 概要 1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N…
  5. 孤独絶望悲しみ
    渋谷通り魔事件の概要 本記事は「渋谷通り魔事件」の15歳の女子中学生の氏名、SNS、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る