マルセル盗難事件記事イメージ写真

◆ご注意

本記事は、1968(昭和43)年12月26日19時50分から27日9時40分の間に発生したロートレックの絵画『マルセル』盗難事件の事件概要及び経緯等の解説を目的とする記事です。

1975(昭和50)年12月27日午前0時に時効が成立した同事件は、約一ヶ月後の1976(昭和51)年1月29日、盗難された『マルセル』が発見されるという特異な形で決着しました。

本記事は『マルセル』を保管していた人物(A氏夫妻)や預けた人物(C氏)などを「犯人」、「容疑者」などと断定する記事ではありません。 また犯人考察を目的とするものでもありません。

事件概要

1968年は政治の時代だった。フランスでは5月革命(5月危機)が勃発し、国内では東大紛争等の左派系学生等による事件(活動)が勢いを増す。

1968年12月――日本犯罪史に残る二つの未解決事件が発生した。

それは、1968(昭和43)年12月10日に発生した「府中三億円事件」と本記事で解説する京都国立近代美術館を舞台にした「マルセル盗難事件」である。

フランス後期印象派の画家ロートレック(1864年11月24日-1901年9月9日)の名画約200点を集めた「ロートレック展」は、1968(昭和43)年11月4日から同年12月27日までを予定とし、同年から文化庁の所属機関となった「京都国立近代美術館」(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26番地1)で開催(共催:アルビ美術館、読売新聞社、後援:外務省、文化庁、フランス文化省、フランス外務省、フランス大使館、読売テレビ放送)されていた。

「京都国立近代美術館」の公式発表によれば、開催期間中の入場者数は、74,748人(一日平均1,779)とある。このことからも、「ロートレック(展)」の人気の高さを窺い知ることができる。(外部リンク:京都国立近代美術館HP

1階の展示室中央付近に展示されていた『マルセル』が忽然と消えていることに関係者が気づいたのは、最終日となる1968(昭和43)年12月27日午前9時40分頃だった。

それから7年後(窃盗の公訴時効は7年)の1975(昭和50)年12月27日午前0時、同事件は犯人未検挙のまま、時効が成立し、『マルセル』の行方もわからずじまいだった。

しかし、時効成立から約一ヶ月後の1976(昭和51)年1月29日、事件は急展開する。盗難された『マルセル』が大阪府内に居住する大手音響メーカー会社員(50歳代)T氏夫妻宅から発見されたのだ。

T氏夫妻の説明によれば、1972(昭和47)年秋または1973(昭和48)年の春頃、以前から知り合いのC氏(28歳)から紫色の風呂敷を預かった。T氏夫婦は中身を確認せず風呂敷と中身を保管していたらしい。

50歳代のT氏夫妻からすれば、当時28歳のC氏は息子のような存在だったのだろう。C氏からの預かり物を不審に思うことなど考えもしなかったのだろう。

だが、たまたま、T氏の妻が風呂敷の中を見たら時に美しい絵画に気づき、『マルセル』の絵ではないかと心配になったらしい。T氏の妻は旧知(T氏妻の兄の同級生)の朝日新聞東京本社経済部長に相談する。『マルセル』発見の端緒が開かれた。

T氏夫妻とC氏は、1964(昭和29)年頃ころから家族ぐるみの付き合いだという(T氏夫妻と知り合った当時のC氏は高校生だった)。

C氏は関西有名大学を卒業後、住宅関係の会社に就職し、退職後は大阪府内の公立中学校社会科の教師の職に就いていた。またC氏は大学在学中から民族派の政治活動を行っていた。

60年代、70年代は政治の季節だった。若者等は左右両陣営の側に立ち、「国」、「社会」、「政治」、「歴史」、「国際情勢」、「人々の生活」、「自分の生活」をより良くするために行動した時代だった。C氏は、その後も教師と政治活動を続けながら教育関係の本の執筆やTV朝日系列の有名討論番組に出演している。

また、C氏は1987(昭和62)年から続いた未解決事件「赤報隊事件」の捜査対象者(参考:樋田毅『記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実』P91-P103,岩波文庫,2018.)だったが、警察(事件担当の兵庫県警)は「シロ」と判断したらしい。

C氏によれば、1972(47)年秋頃、『マルセル』が入っているとは知らずに京都在住の知人から預かり物をしたらしい。前述の通り民族派の政治活動をするC氏は、知人から「ちょっと、警察の捜索対象になるものだ」と言われたが、「ビラかなにかを入れた箱だと思っていた」(引用:「マルセル盗んだのだれ?」読売新聞1976年1月31日付)と当時の心境等を語っている。

C氏は預かり物(箱の中身)の詳細を意図的に確認しなかったのだろう。確認しないことが知人や自分を守ることになる。信用する人物からの何かを預かる。預ける側も信用しているからこそ預ける。それは、古き良き時代の価値観の一つかもしれない。日頃の政治活動により警察の捜査対象となる可能性の高いC氏等の左右両陣営の当事者達の当然の振る舞いだったのかもしれない。

盗まれた『マルセル』は、『マルセル』だと知らない数名の人物を介してC氏に渡り、C氏からT氏夫妻に渡ったのかもしれない。

C氏は『マルセル』を自分に預けた者の名前等を明かせば多くの者に迷惑がかかり、自殺者がでる可能性も考慮したとの理由により、その後も預けた者の名前や事件の真相に繋がる情報を語っていない。

本記事も冒頭に記した通り真犯人や事件の真相を考察しない。

本事件は公訴時効が成立した事件だ。

事件から50年以上の時が流れた現在でも、「多くの者に迷惑がかかり、自殺者がでる可能性も考慮した」と語ったC氏の言葉を受け入れる必要性を考えるが――さらに時が流れ――いつの日か、真相が「発見」される日を心待ちにしている。

知りたい理由は好奇心だが――。

ロートレックの『マルセル』

1894年にロートレックが描いた『マルセル』は、横46.5㎝、縦29.5㎝(8号)の厚紙に油彩で描かれている。

特徴的な少し上を向いた鼻の女性はダンボワーズ街の娼婦だといわれる。時間と国境を越え人々を魅了する横顔だ。

最高の芸術家が描いた美しい『マルセル』には、当時の金額で3500万円の保険金が掛けられていたが、時価総額は1億円とも2億円ともいわれている。

『マルセル』が忽然と消えた後、日本国内の某保険会社から3500万円の保険金が「アルビ美術館」に支払われた。このことから発見後の『マルセル』の所有権は某保険会社に異動したと考えらえる。

勿論、「アルビル美術館」は受取保険金3500万円と金利を保険会社に戻し、『マルセル』は、主催(共催)の読売新聞社に戻り、さらに美術館に戻った。

世界は再びロートレックの「魂」と『マルセル』の魅力的な横顔を見ることができるようになった。

事件経緯

『マルセル』が盗まれた日時には諸説あるようだが、1968年12月26日の閉館後19時50分から27日開館前の9時40分頃までの間に何者かにより盗まれた説が有力のようだ。

ただし、逆説的に言えば、最後まで盗まれた時間や侵入経路の特定には至らなかったともいえる。

当時の報道によれば、27日の朝7時30分頃までは普段通りに展示されていた『マルセル』が確認されていたとの話も散見されるが、1975(昭和50年)年7月5日に公開された容疑者のモンタージュ写真は、12月26日23時53分頃、「京都国立近代美術館」南側三条通りから不審な人物を乗せたタクシー運転手の目撃情報・証言により作成されている。

警察は公訴時効前の年(1975年)まで、『マルセル』は1968(昭和43)年12月26日の夜間に盗まれた可能性が高いと考えていたのだろう。

タクシーに乗車した不審な人物の特徴は、年齢30-35歳。身長160㎝程度。小太り。丸顔。頭髪は5分刈り。グレー(ねずみ)色の開襟シャツと色不明のカーディガンを着用していたという。師走も近い12月の夜中の服装にしてはあまりにも軽装だといえる。

同男性(以下、X)は上着を所持していたのだろうか。気になる点である。

Xは、前述の通り「京都国立近代美術館」南側約400メートル離れた三条通りからタクシーに乗車し、同所から北方向へ直線距離で約1.5キロメートル離れた京都市左京区白川小倉町「京都大学農学部グランド」の東側で降車したらしい。

以下はマルセル盗難事件の経緯概略である。

1968(昭和43)年12月28日、「ロートレック展」の共催(主催)「読売新聞社」が『マルセル』の発見者、協力情報に1000万円の賞金贈呈を告知する。

同年12月29日、「京都国立近代美術館」の館長が辞意を表明する。

翌日30日の13時18分頃、「京都国立近代美術館」から150m~300m離れた京都市左京区岡崎円勝寺町の某食品製造会社京都工場倉庫前の通路(「空地」と表現する報道もある)で、同社従業員(機械副主任)の44歳男性が盗まれた『マルセル』の額縁らしき白っぽい額縁を発見する。

同額縁は鑑定の結果、『マルセル』の額縁と断定される。発見場所付近には、犯人(Xまたは別の人物の可能性もある)のものと思しき「ズック靴」の足跡が残っていたと報道されている。

1969(昭和44)年1月4日午前9時頃、同美術館の警備員I氏(44歳)が自宅で自殺したことが明らかになった。亡くなった警備員(守衛)は、事件当日(26日から27日)の当直担当者だった。

京都府警は27日から30日にかけ、I氏に対して計3回の事情聴取を行っていた。京都府警は、犯人が同美術館地下通路から侵入したと考えていたらしく、事件当時の地下通路の施錠の有無等に関して1月6日にI氏への再聴取を予定していたともいわれる。

1969(昭和44)年12月25日、捜査本部が解散する。「京都国立近代美術館」には、合計4回の家宅捜索が入ったとの報道が散見されるため、捜査本部は犯人の侵入経路の特定等に至らなかったと推測できる。

1972(昭和52)年7月10日、警察庁は、『マルセル』の海外流失を考慮し、ICPO(国際刑事警察機構)に国際手配を要請する。

1974(昭和49)年6月27日、公訴時効を翌年に控え、警察は捜査本部を復活させる。

1975(昭和50年)年7月5日、容疑者のモンタージュ写真が公開される。

同年12月27日午前0時、公訴時効が成立する。

事件捜査に関わった捜査員は延べ13400人。

捜査対象者(参考人含)の人数は、約4700人。

そのうちの5人が容疑者として残ったらしいが、5人とも「シロ」と判断され、捜査の幕が下りた。

1976(昭和51年)1月29日、大阪府内在住のT氏夫妻宅から『マルセル』と思しき絵画が発見され、鑑定により『マルセル』と断定される。 その後、警察は、任意調査(捜査ではない)により、T氏夫妻及びC氏に協力を求めるが真相解明には至らなかった。またC氏はメディアの記者会見に応じるが、事件の真相解明に繋がる情報は語られなかった。

マルセル盗難事件の被害者

前述の通り、マルセル盗難事件の事件発生時の宿直担当の守衛(警備員)は自殺している。

遺書等は残されていないため、自殺に至る心の葛藤はわからないが、自殺したI氏は、マルセル盗難の責任を強く感じていたと報道されている。

また、再三にわたる警察からの聴取(参考人聴取なのか被疑者聴取なのかは不明)と1969(昭和44)年1月6日の再度の聴取予定もI氏の心を追い詰めたのかもしれない。

1968(昭和43)年12月10日に発生した「府中三億円事件」でも、一時、容疑者と報道された男性が後に自殺しているようだ。

自殺したI氏は、マルセル盗難事件の被害者の一人だといえる。

また、1968(昭和43)12月29日に辞意を表明した「京都国立近代美術館」の当時の館長も被害者の一人だともいえるだろう。

では、被害者はこの二人だけだったのか。

世界中の人々を魅了する絵画を盗み出し死蔵する犯罪は、世界中の人々を被害者にする。

当時の文化庁長官・今日出海氏(在任期間:昭和43年6月15日-昭和47年7月1日)は、次のように語っている。

(前略)キミはこのマルセルを普通の窃盗犯と同じように盗みだしたのではないということだ。おそらくキミはこの絵に、異常な愛情と執着を持ったのに違いない。何度もこの絵の前にたたずみ、ながめ入り、そうして自分のそばに置きたくなったのだろう。だから、私はキミを犯人と呼びたくない。キミはおそらく犯罪者ではない。ロートレックの非常な愛好者であることにかけては、私とそっくり同じだろう。キミの気持ちもよくわかる。だからこそ、私の話を聞いてくれ。そうして、考え直してくれ。(中略)キミにわかってもらいたい。すぐれた芸術品は、世界中の人々全部の財産なのだ。それはみんなの目を楽しませるために、苦しみのなかから生み出されたものなのだ。(後略)

「名画マルセルを返して!今文化庁長官犯人に訴える世界の愛好者のため君は悪人ではないはずだ」読売新聞1968年12月29日付

今日出海氏の言葉は非常に重い――。

雑感

過去から現在まで、人類の宝ともいえる世界的な名画等が盗まれる事件は後を絶たない。

盗む側の動機には金銭、政治的な思惑、自分だけのコレクションにしたい、などがあるだろう。

さらに、主義主張の表明や政治的目的のために名画等の作品展示を妨害する者もいる。また、特定の思想信条、道徳価値からの規制を設け、優れた芸術を隠す試みの議論もある。

優れた創作物から受けるイメージは、人それぞれだ。イメージは受け手の心を豊かにもする。

多くの人が作者の魂や創作物を感じることが容易な世界を望む。

『マルセル』の魅力的な横顔は、永遠の宝だ。


◆参考文献
「海外への搬出を警戒マルセル盗難で警察庁」読売新聞1968年12月28日付(夕刊)
「名画マルセルを返して!今文化庁長官犯人に訴える世界の愛好者のため君は悪人ではないはずだ」読売新聞1968年12月29日付
「額ぶちだけ発見」読売新聞1968年12月31日付
「マルセル泥こんな男」読売新聞1975年7月5日付
「マルセル盗んだのだれ?」読売新聞1976年1月31日付
「マルセルのナゾ永遠に?私は貝になる!傷つく人が多すぎると」読売新聞1976年2月5日付
「―気流―マルセル盗難事件理解できない教師の態度」読売新聞1976年2月7日付

「一千万円の懸賞金」朝日新聞1968年12月29日付
「額ぶちだけみつかる盗難のロートレックの絵」朝日新聞1968年12月31日付
「名画盗難事件美術館守衛が自殺」朝日新聞1969年1月4日付(夕刊)
「マルセル盗難の捜査本部解散」朝日新聞1969年12月25日付(夕刊)
「ICPO特別手配盗難名画マルセル」朝日新聞1972年7月11日付
「マルセル現れず盗難事件これも時効完成」朝日新聞1975年12月27日付
「盗難の名画マルセル発見時効から一ヶ月後大阪で届け出知らずに預かった専門家二氏本物と断定」朝日新聞1976年1月30日付
「どうなる法律上の責任」朝日新聞1976年1月30日付
「本物だ間違いないマルセル発見高貴な横顔も無事胸なでおろす関係者」朝日新聞1976年1月30日付
「鑑定結果に驚く夫妻押し入れに放置二年半」朝日新聞1976年1月30日付
「難解事件捜査及ばず遺留品もほとんどなく」朝日新聞1976年1月30日付
「つかめぬルートマルセル発見解明全力」朝日新聞1976年1月30日付(夕刊)
「えっ本当よかった仏関係者念押し喜びにわく」朝日新聞1976年1月30日付(夕刊)
「預けた人の名はいえぬマルセル発見気にとめなかったカギ握るCさんは語る」朝日新聞1976年1月30日付(夕刊)
「事実の解明は困難か所有者転々した疑いも」朝日新聞1976年1月30日付(夕刊)
「マルセル事件は終わったか美泥棒…潜む甘え直視したい文化的責任」朝日新聞1976年1月31日付
「入手経路語らずマルセル発見中学教諭が会見京都府警も事情を聴く」朝日新聞1976年1月31日付
「Cさんは元右翼団体員」朝日新聞1976年2月1日付
「ままならぬ真相究明マルセル事件任意【調査】に手を焼く」朝日新聞1976年2月5日付
「マルセルを返還読売新聞社に」朝日新聞1976年2月14日付(夕刊)
「定住外国人の参政権巡り討論 賛成派と反対派が一堂に」朝日新聞1994年5月16日付

「支局長からの手紙:マルセルあれこれ」毎日新聞2011年10月3日付
「テロのうごめき脈々(「時効」 朝日新聞襲撃事件3)」東京新聞2003年3月6日付

樋田毅『記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実』岩波文庫,2018.
井出守『迷宮入り事件の謎―ミステリーより面白い-時効直後に帰ってきた名画』雄鶏社 ,1994.
事件・犯罪編集委員会『最新版 事件・犯罪日本と世界の主要全事件総覧―国際・政治事件から刑事・民事事件』,教育社,1991.

アイキャッチ画像に使用した『マルセル』の出典:『ロートレック展カタログ1982-83』アートライフ1982.


未解決事件・昭和の事件 考察・解説シリーズ


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 記事『映画『リアリティ』の考察:リアリティ・ウィナーとナウシカの正義感』アイキャッチ画像
    映画『リアリティ』(原題:Reality)は、実際のアメリカ国家安全保障局の25歳の契約社…
  2. 記事『富山県高岡市伏木の廃墟:詳細報告』アイキャッチ画像
    2024年5月6日(火曜日)未明、富山県高岡市伏木地区にある廃墟で、何かに腰掛けて前かがみ…
  3. 記事『静岡県伊東市7歳男児失踪事件(鈴木俊之くん行方不明事件)』アイキャッチ画像
    1965年7月3日(土曜日)、静岡県伊東市の海岸沿いに広がる半農半漁の集落、初津(はづ)在…
  4. 記事『柴又三丁目女子大生殺人放火事件:犯人考察と分析』アイキャッチ画像
    上智大学生のA氏(21歳)が殺害され、自宅が放火により全焼した未解決の殺人放火事件は、19…
  5. 記事『こつぜんと人が消える神隠し~各国の伝承と創作物からその姿を探る~』アイキャッチ画像
    ある日突然、人が消えることがある。古来より、日本ではこうした事象を神隠しと呼び、原因を神や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る