赤城神社主婦失踪事件

赤城神社主婦失踪事件 概要

1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N・Sさん(当時48歳・以下Nさん)は家族6人(夫、義母、叔父、叔母、娘、孫)と共に2台の車に分乗し、群馬県宮城村三夜沢(当時・現在は前橋市三夜沢町)にある赤城神社へとツツジ見物のために訪れた。

おそらく参道で目的のツツジを鑑賞した後、一行は車を神社の駐車場に停めたが、あいにくの小雨のせいかそれとも疲労によるものか、参拝のため車を降りたのは夫と叔父の二人だけであった。

しかし、間もなくNさんはひとり、「折角だからお賽銭をあげてくる」と財布から101円を取り出し、その小銭だけを手に、赤い傘をさして二人の後を追った。

数分後、車内に残っていたNさんの娘は、赤ん坊をあやす為駐車場に降り、Nさんが拝殿へは向かわずその逆方向にあたる地点に佇んでいるのを見ている。しかし一時手元の赤ん坊に視線を向け、再び顔を上げた時には既にその姿は無かった。

発生年月日1998(平成10)年5月3日
発生場所赤城神社(群馬県前橋市三夜沢町)付近
事件内容行方不明/失踪事件
失踪人(行方不明者)当時千葉県在住48歳女性(主婦)Nさん
失踪宣告2008(平成20)年4月下旬
赤城神社主婦失踪事件 資料

胸騒ぎを覚えたNさんの娘はその後を追い、合流した家族も共に境内やその周辺を探したが、もはやその姿はどこにもなく、警察へ通報する事態となった。

警察は消防と合同で100人態勢の動員をかけ、ヘリや警察犬も導入した付近一帯の捜索を行ったが、Nさんの姿は勿論、Nさんの残した痕跡や遺留品のひとつも発見されることはなかった。

その日のNさんの服装は赤い傘に加えてピンク色のシャツ、黒のスカート、履物はハイビスカスの造花をあしらった青いサンダルという目立つものであったにも関わらず、寄せられる目撃情報は乏しく、発見の有力な手がかりとはなっていない。

また、駐車場には20台前後の車両が駐車しており、参拝者もかなりの人数が境内やその付近にいたと推定されるが、不審な物音や悲鳴を聞いた者はなく、トラブルや不審者の目撃情報もあがっていない。

失踪から7ヶ月後、「“Nさんに似た女性の映った”失踪当日・同時刻頃に境内を撮影したというホームビデオ」がT V局に提出された。(ビデオを見た家族は、その女性がNさんである事を否定している)

失踪から8年後の2006年、ビラ配り等の地道な捜索活動を続けていた家族は、T Vの公開捜査番組に出演し、事件を再検証すると共に全国へ情報を募ったが、それでも事件が解決へ導かれることはなく、2008(平成20)年の4月下旬にはNさんの失踪宣告審判確定(失踪宣告には、「普通失踪(7年失踪)」と「危難失踪(戦争、震災、海難事故などの理由とする1年失踪)」があり、「生死不明の者に対して,法律上死亡したものとみなす効果がある(引用:裁判所HP)」)が告示され、事件にはひとつの幕がひかれた。

赤城神社主婦失踪事件 手がかりとその検討

Nさんについて

Nさんは48歳、身長156cm体重54kg。初孫に恵まれたばかりのS家の主婦であった。チラシに掲載された顔写真では明るい笑顔を見せているが、耳鳴り、めまいを伴う持病(メニエール病と思われる)を抱えており、補聴器を装用していた。失踪時には補聴器や財布等、身の回り品の入ったバッグごと車内に残している。

また、自宅から発見されたテープからは、失踪の前年1997年には韓国語の勉強をしていた形跡が見つかった。ちなみに韓流ブームの火付け役となった「冬のソナタ」の日本での放送開始は2003年であるが、それ以前は韓国への関心を持つ者が稀であったかといえばそんな事はなく、語学テキストも一般書店で入手可能であった。北朝鮮による拉致問題が表面化しつつあった時期でもあるが、この時点では懐疑的に見る向きもまだ多かった。

赤城神社訪問までの経緯について

5月2日(土)、Nさん一家はゴールデンウィークを利用して、千葉県白井市の自宅から夫の実家である群馬県太田市を訪問していた。他の親族も集合し、皆で買い物に出た際、花屋でNさんの義母が「三夜沢赤城神社参道のツツジ」のシーズンであることを思い出し、見物を提案したものといわれている。

Nさんにはこれまでにも何度か赤城神社を参拝したことがあったといわれているが、毎回義実家経由だったのかは定かではない。距離的には義実家はNさん自宅〜赤城神社の中間辺りにあり、義実家訪問時お決まりのドライブコースの一つであった可能性はある。

Nさんの移動経路について

Nさんの夫と叔父は、拝殿正面の鳥居からではなく、駐車場から境内へ直接向かうことができる脇道を通り、Nさんも後を追って同じ道を行った。その脇道に相当するルートは2つ考えられる。境内を囲う金属製の柵の外周を廻って神楽殿前から拝殿へと向かうルートA、トイレと社務所の間を通り、ご神水の前を通って拝殿へと向かうルートBである。

ルートB上からルートAに変更するには、ご神水が湧き出す玉垣ぶんの段差(160cm程度)を越える必要があるが、玉垣西側は段差が低くなっており、跨いで上がる事も十分可能な高さとなっている。

まさにその段差の前付近がNさんの最終目撃地点と想定される場所である。この地点には駐車場からの視線が通ることが根拠の一つである。

赤城神社周辺について

赤城神社境内や参道はよく整備されており、危険な場所や道に迷う場所もないといわれている。境内や参道は勿論その通りなのだが、ほんの少し足を伸ばせばそこは赤城山である。赤城山自体は難易度の低い山として扱われることも多いが、登山コースの一部に初心者向きのものがあるという話にすぎない。

神社周辺の山林は、神域ということもあるのだろうか、境内から古代の祭祀跡とされる「櫃石」を訪ねる登山道の他は、周知された登山道は整備されていない。

101という数字について

Nさんが失踪直前で財布から取り出した101円。この数字に意味を見出そうとする向きもある。エンジェル・ナンバーの101は「新たな旅立ち」を意味する=自発的失踪であることを示唆するという解釈で良いのだろうか。ちなみにエンジェル・セラピーの提唱者であるV氏の著作が日本国内で初めて刊行されたのは1999年、同氏のエンジェル・ナンバーについての著作は2005年の刊行となる。

そのため、自らの失踪の意思を伝えるメッセージとしてその数字を意図的に選択して家族に宣言したという可能性はまずない。過去も未来も関係なく、「引き寄せ」の法則によって、101という数字に惹かれたのであれば、それは「旅立ち」の意志を示すものであって、著作が後からついてきただけなのだという事なのかもしれないが。

個人的には、財布から100円玉を取り出して、二つに割れる数字は縁起が悪いと「ご縁(5円玉)」を探したが1円玉しかなかった結果なのではないかと考えている。

結局、101は二つに割れないどころか素数であるにも関わらず、Nさんは家族を残して失踪してしまうことになった。

警察による捜索について

当時の地方紙によると、失踪から二日間は100人態勢、その後10日間は延べ100人を動員して周辺を捜索したとされている。延べ100人は単純計算で一日10人。止むを得ないとはいえ諦めが感じられる人数である。勿論遺留品や痕跡の一つも発見することはできなかった。

ただ、警察犬を導入したところ「車が入れる場所」で立ち止まったという情報がある。駐車場や県道をわざわざ「車が入れる場所」とは呼ばないであろうから、鳥居を出た辺りの車両侵入が可能な(ただし駐車はできない)一帯を指すとも考えられるが、正確な場所は判明していない。これをもって自発的失踪の目が出てきたため、捜索規模を縮小したとは考えられる。

しかし、警察犬の鼻をどこまで信頼して良いのかという問題は考慮すべきである。まず、失踪事件(徘徊、遭難は除く)で犬が有力な手がかりになった事件を聞いたことがない。次に、赤城神社の場所柄、失踪当日に警察犬を導入できたとは考えにくく、犬の習性からして、その鼻は最近通ったばかりの獲物を追跡するために進化した嗅覚であり、昨日の獲物の残り香を誤認してあらぬ方向に誘導されてしまえば死活問題となりかねない為に、少しでも古い匂いに対する感受性は低いものと考えられる。さらに当日は雨天であり、匂いの揮発成分が流されてしまうことも考慮すると、かなり難易度の高い追跡をダメ元でさせていたという可能性を否定できない。

無言電話について

2006年に家族がT V出演した際、Nさんの失踪後自宅にかかってきた無言電話があったことを明らかにしている。そして、その中に「大阪」「米子」の電話番号があったことが強調される。この地域は北朝鮮の諜報員とその協力者が多く居るとされる地域であり、Nさんが拉致されたという根拠とされることがある。

実際には無言電話の半分はNさんの自宅のある千葉県からのものであり、残り半分のさらに一部に「大坂」「鳥取」が含まれ、後日調査した時にまだ現役で使用されていた2本の電話番号がその「大阪」「米子」地域のものであったという話にすぎない。果たして「現役で使用されている」という事実をどう評価するべきだろうか。諜報目的で使った電話番号は使い捨てるのではないか。また、現役の番号といっても現在の所有者が無言電話をかけた人物かその関係者とも限らないだろう。

T V局に提出されたホームビデオについて

偶然、Nさんの失踪当日、ほぼ同時刻に撮影されたというホームビデオで注目されたのは2つのシーンであった。1つ目は拝殿にお参りをして立ち去るピンクのシャツ、黒いスカート姿の赤い傘を差した中年くらいの女性である。

こちらの女性は鮮明とはいえないまでも大きく映っており、1998年にこの映像を見た家族はNさんではないことを明言している。確かにサンダル履きではないように見えるし、白いバッグを腕に掛けており、小銭だけを手に拝殿へ向かったという家族の証言にも一致しない。

もう1つのシーンは2006年の画像解析によって判明した、ご神水の前で赤い傘を他者に差しかける人物の映像である。人物自体は黒く小さく写り込んでいるだけで特徴は性別すら判別できないものだが(髪型はNさんと同じショートヘアの可能性があるとされる)家族はこの人物がNさんであると信じているという。

その根拠は不明であるが、その傘を差し掛けた人物と何処かへ去っただけで、どこかで生きていると信じたい気持ちから来るものであろうか。

超能力捜査について

2006年の公開捜査番組では的中率90%というアメリカの霊視能力者S氏による鑑定が行われた。その結果は「怪我人の救出に手を貸してほしいという口実で女性を誘い込む手口のレイプ魔2人組に、車へ誘導され押し込まれる」「アジトへ連れ込まれ暴行」「解放された後(絶望から?)森の中へ分け入り命を落とした」というものであった。

実際に「見える」能力の存在については否定しない。しかし見えているのは過去の真実ではなく、脳内に蓄積された膨大な情報を無意識に再構成したものに過ぎず、意図せず統計的な処理が行われた結果真相に近づくことはあり得るが、あくまでも個人の脳内で行われたものであって超自然的な存在と接触した結果ではないとみる。

赤城神社主婦失踪事件 真相考察

Nさんは一時的な解離性障害を発症し、山中へ分入ったとみている。解離性障害とはストレスや精神的外傷等が原因となり人格の一貫性が一時的、または長期的に失われ、遁走や記憶喪失を引起こす精神障害の一つである。よく知られ、しかも失踪者が発見されていておりある程度検証可能な事件としては、1991年、歌手W氏が失踪し、3日後に記憶を失った状態で発見された事件、1926年に有名女性推理作家C氏が失踪し、11日後に別人となって発見された事件等が挙げられる。

思えばNさんは精神的な疲労が溜まっていたことが容易に推測できる。48歳の若さで難治性の持病を抱え、初孫の世話や義実家への訪問、親戚との付き合い。ネガティブな意味だけではなく、たとえ幸福で充実していたとしても疲労やストレスは精神を疲弊させる。むしろ多幸感で疲労がマスキングされてしまう為自覚しにくくなる分性質が悪いとも言える。

恐らく車内で突然参拝の意思を表明した段階で「症状」は既に始まっていた。補聴器や財布といった肌身離さず持ち歩く必要のある品物を残していくのは一時的に人格が変容し、それが必要だという意識がなくなっていくからである。同様の症状が疑われるケースには、長野県で1998年、新入社員研修の研修先から、新社会人である20歳の青年が、両眼の視力が0.1に満たない近視でありながら、財布などの荷物と眼鏡を残し、裸足で失踪したという事件がある。

境内に踏み込んだ時点で、既にNさんは参拝という目的も見失っていた。ふらふらと道なりに左折して最終目撃地点に佇んだ時、雨に降られる神域の木立を眺めたNさんは、静かな山中へ入って安らぎたいという強い衝動に駆られた・・・

不運なことにその時、神楽殿やご神水、拝殿に興味が向いていた人々の目が、山中へと進むNさんを捉えることはなかった。

勿論この説に弱点がないとは言わない。5月3日、4日の捜索は山中での遭難も視野に入れたものであったし、登山杖としても使える傘はともかく、早い段階で脱落するであろうサンダルは発見されていても良さそうなものである。

しかしながら、あえて旅先からの自発的失踪、あえて人の多い日を選んでの拉致誘拐、果てはNさんは神社に来ていなかった等といった諸説と比較すれば遥かに無理なく事態を説明することができると考えている。

Nさんが発見されて、どんな形であっても家族の元に帰る日は来るのだろうか。

本当のことを言うと、彼女がある時ふらりと現れて、想像もつかないトリックを語ってくれる日を、心のどこかで随分長いこと待ち焦がれてもいる。


★参考文献
家族「死亡した形に」千葉の女性、前橋で不明になり10年 朝日新聞 2008年5月4日付


あなたにお勧め 未解決事件シリーズ


Tokume-WriterWebライター

投稿者プロフィール

文学・歴史・犯罪心理・メンタルヘルス・オカルト

関連記事

おすすめ記事

  1. The Boys from Brazil
    映画『ブラジルから来た少年(The Boys from Brazil)』は、総統アドルフ・ヒトラーの…
  2. 高野山 
    高名な僧である空海には、今も様々な伝説が残っている。その中で最も有名なものは、「空海が高野山の奥の院…
  3. アウシュヴィッツ
    ゾンダーコマンドの反乱(武装蜂起)が行われた1944年10月7日の前日と思しき日。死の収容所アウシュ…
  4. 赤城神社主婦失踪事件
    赤城神社主婦失踪事件 概要 1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N…
  5. 孤独絶望悲しみ
    渋谷通り魔事件の概要 本記事は「渋谷通り魔事件」の15歳の女子中学生の氏名、SNS、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る