持続化給付金詐欺の主な逮捕者・事例(5つの事件の共通点)

持続化給付金詐欺の主な逮捕者・事例

2019年から始まった新型コロナウイルス (COVID-19)の猛威は、日常生活を一変させ、日本経済や世界経済に大きな打撃を与えた。

2020(令和2)年、日本政府は新型コロナ感染症により打撃を受けた(受ける)個人事業主、中小企業などへの緊急的な支援・対応策「持続化給付金」「家賃支援給付金」などの給付を開始した。

急激に悪化する経済情勢のなか、緊急性が最重要視される「持続化給付金」「家賃支援給付金」などは、申請・審査が簡略化されたため、不正受給(詐欺事件)が横行した。 経済産業省(中小企業庁)の発表によれば、2023(令和5)年1月26日現在の持続化給付金の不正受給総額は17億3482万6130円(不正受給者1710者のうち、1339者は、20パーセントの加算金と年率3パーセントの遅延金を国庫に納付している)であり、経済産業省(中小企業庁)が認定した家賃支援給付金の不正受給者は、2023(令和5)年1月26日で、88者(不正受給総額 2億4706万9428円)である。(出典:経済産業省HP「持続化給付金の不正受給者の認定及び公表について」)

2022年中の持続化給付金詐欺の主な逮捕者例

本記事の主な目的は、2022年中に摘発されたコロナ関連の持続化給付金などの給付金詐欺の5つの事件から、逮捕(起訴)された容疑者(被告)の(サンプル数は少ないが)共通点を探り、現代社会の一面を考えていきたい。

結論から言えば、今回、紹介する5つの事件(「持続化給付金約10億円を詐取したTグループのT容疑者(被告)」、「ドバイに出国した男のM容疑者(被告)」、「逮捕された現役市長の長男のK・S容疑者」、「税理士法違反等の容疑で逮捕された会社役員と交際相手のU容疑者」、「逮捕された女性市議会議員の吉羽美華容疑者(被告)」)の共通点は――「砂上の楼閣」だ。

5つの事件で摘発された容疑者(被告)の逮捕前の生活は、優雅で豪華で派手な印象を受ける。そう、それは、成功者のイメージだ。だが、その成功者のイメージを保つためなのか、それとも成功者のイメージは、そもそも事件に利用するための芝居だったのか――「成功者」は、詐欺の容疑者(被告)となる。

「砂上の楼閣」の住人(「成功者」)は、SNSを使い「砂上の楼閣」を拡散する。SNSや地縁などを通し「砂上の楼閣」に魅了され、「ワンチャン(ワンチャンス)」を狙う者達が集まり(闇バイト)、共犯者(実行犯)となってしまう。

ここからは、2023年1月時点で話題の「闇バイト」の問題にも繋がる5つの事件の詳細を記していこう。

持続化給付金約10億円を詐取したTグループ

日本時間2022年6月8日、0時30分、持続化給付金約10億円を妻や子などと共に詐取した嫌疑のあるT容疑者(逮捕時47歳)が、出国していたインドネシアの捜査当局に不法滞在の疑いで身柄拘束された。(参考:【速報】“10億円詐欺”容疑者を逃亡先のインドネシアで逮捕 KSB 5ch 2022年6月8日 10:43配信)

2022年は、コロナ禍のなか個人事業主、中小零細企業を緊急的に救済などする持続化給付金を悪用した組織的な犯罪の発覚、検挙が相次いだ。また、それらの犯罪の中心的な役割を担うと指摘される容疑者の海外への「逃亡」も相次いで報道された。

令和3(2021)年4月某日、日本国政府は、T容疑者(昭和49(1974)年7月生)に対し、「詐欺罪を犯した疑い」で、令和3(2021)年5月17日までに外務大臣または領事官に旅券を返納するよう「旅券法第十九条の二第一項の規定に基づく一般旅券の返納命令に関する通知」を行っていた。インドネシアで身柄を拘束されたT容疑者の逮捕容疑は「不法滞在」の容疑である。

国難的な有事に対する緊急的制度を悪用したT容疑者(被告)は、日本に移送され日本の警察が詐欺などの嫌疑で逮捕された。注,2023年2月1日現在、公判中。なお、逮捕された妻と長男も公判中である(三重の給付金詐取で元妻起訴内容認める 東京地裁初公判 中日新聞 2023年2月1日付)

前述のとおり、T容疑者(被告)には妻や子などと共に約10億円の持続化給付金を詐取した疑いがあり、組織的な持続化給付金詐欺の中心的な立場だと報道された。

T容疑者(被告)の過去の犯罪報道について調査を行った結果、平成23(2011)年3月4日、T容疑者と思われる同姓同名者が「松阪市内の金融機関から虚偽の内容で住宅ローン融資を申し込み、約3100万円をだまし取った疑い(引用:「ローン融資で3100万だまし取った疑い男3人を逮捕」読売新聞2011年3月5日付)」で逮捕されていた。

上記のT容疑者(被告)の同姓同名者の逮捕当時の年齢は36歳、当時の住所は「三重県松阪市久保町」とあり、インドネシアで身柄拘束されたT容疑者の可能性が高いと判断される。

平成23(2011)年3月5日の同報道によれば、逮捕された3人は平成21(2009)年4月、三重県松坂市内の金融機関に「虚偽の内容で住宅ローン融資申請」を行ったとある。

今回の持続化給付金詐欺の手口も虚偽内容の申請だ。上記の同姓同名者がT容疑者(被告)であるなら、過去にも虚偽内容を申請する手口で詐欺を行っていたと思われ、今回の事件の被害額約10億円を勘案すると今回の事件ではかなり重い刑が言い渡される可能性もある。T容疑者(被告)の海外逃亡の理由には想定される長期刑の懸念があったのかもしれない。

T容疑者(被告)を中心とする組織的な持続化給付金詐欺は、「六本木人脈」が関係しているとの報道が散見され、「嘘の給付金の申請者が増えていった背景に「六本木人脈」と呼ばれる、東京・六本木の飲食店を舞台にしたグループの存在が浮かび上がってきました(引用:「10億円給付金偽申請のウラに“六本木人脈”『何千人集めてでっかい仕事を』」テレビ朝日 2022年6月6日 18:03配信)」との報道もある。

上記報道と関係すると思われるT容疑者(被告)の東京都港区六本木の法人は、以下の法人である。

商 号株式会社某(正式名称は割愛)
本 店東京都港区六本木2丁目
設 立平成26年6月2日
目 的1.飲食店の経営
2.不動産の売買、賃貸借及びその仲介業務
3.インターネットを利用した通信販売業務
4.経営コンサルタント業務
5.タレント事務所の企画、制作
6.イベント業務の企画、制作
7.株式投資業務
8.株式、社債等有価証券の取得、保有、売却 
9.前各号に附帯する一切の業務
 
資本金300万円
役 員T容疑者(被告)
T容疑者(被告)が経営する東京都港区六本木の法人概要(2022年6月8日現在)

同社の登記面本店所在地は六本木通りに面しており、付近には、首都高速「谷町JCT」やアメリカ大使館宿舎などが所在する。また、同所はワンルームマンションと思われる。

さらに同所には、令和2(2020)年6月までT容疑者(被告)が代表取締役に就任していた病院及び薬局経営などを目的に平成26(2014)年11月設立された株式会社M社が所在していた。

株式会社M社の当時の資本金は、995万円であり、T容疑者(被告)の役員辞任とほぼ同時期に本店所在地を他所へ移動している。

T容疑者(被告)は、前述の東京都港区六本木の法人の以外にも三重県松坂市内に飲食店の経営などを目的にした有限会社U社を経営しており、持続化給付金詐欺の容疑で既に逮捕されている妻Aを代表取締役とする不動産の売買、賃貸借及びその仲介業務などを目的とする株式会社も確認される。

そして、前述の通り、T容疑者(被告)は、一時、病院、薬局などの経営を目的とする法人の代表取締役にも就任していた。T容疑者(被告)は、飲食業や不動産業の知識、経験、人脈などを悪用しながら公的機関などに虚偽内容の申請を繰り返していたのだろう。

報道されているT容疑者(被告)の自宅は、平成16(2004)年11月にT容疑者(被告)が購入している。実際の購入額は不明だが、ローンの総額は約1億円のようだ。高級外車にも乗っていたとの報道も散見される。

飲食業や不動産業など手広く商売をしていたT容疑者の詐欺事件――T容疑者(被告)は、様々な業種に手を広げることができるやり手の人物だ。

人間は簡単に生活の質を下げられない。見栄や虚栄もあるだろう。そして、貧すれば鈍する。

ドバイに出国した男

2022年6月13日、東京国税局職員(事務官)や元大手証券会社の社員など男女7名が逮捕、被害額約2億円の組織的な持続化給付金詐欺の中心的立場だと言われているM容疑者がドバイから帰国し逮捕された(参考:国税局職員らの持続化給付金詐欺 ドバイから帰国の主犯格の男を逮捕 ANNnewsCH 2022年6月13日付)

M容疑者(被告)は、既に逮捕された東京国税局男性職員のT容疑者(逮捕当時24歳)などを含む詐欺グループの中心的人物と目されており、M容疑者(被告)を中心とする詐欺組織は約200人の持続化給付金の虚偽申請に関り、そこから得た金銭を仮想通貨などに投資していたともいわれている。

東京国税局職員などが関与した衝撃的な持続化給付金詐欺容疑の主犯格ともいわれるM容疑者(被告)は、SNSなどで派手な生活ぶりを披露しながら組織拡大をしたのだろう。実際、M容疑者(被告)は、株式会社Aと合同会社R社を経営する青年実業家だった。

株式会社A社は、飲食店のプロデュース、運営、管理及び経営並びにそれらのコンサルティングなどを目的に平成27(2015)年12月、資本金800万円で設立され、合同会社R社も飲食店のプロデュース、運営、管理及び経営並びにそれらのコンサルティングなどを目的に平成30(2018)年10月、資本金200万円で設立。その他、M容疑者は、東京都港区六本木7丁目に本店所在地のある株式会社R社など他の法人にも関係していた(いる)。

また、M容疑者(被告)は、自身のSNS(facebook、Instagramアカウント情報はプライバシーに配慮し省略)の投稿には高級外車や高級時計の画像(写真)がある。また、ネット上で散見されたM容疑者(被告)所有の投資用マンションは、平成27(2015)年に新築された東京都内にあるマンションの一室(床面積約23平方メートル)だと推認された。

だが、東京都内にあった上記M容疑者(被告)の部屋は、平成30(2018)年頃から、東京都某都税などからの数度の差押を受け、令和1年(2019)年の秋頃、東京地方裁判所が競売開始決定、令和2(2020)年の春頃には所有権が第三者に移転していた。

M容疑者(被告)は、平成30(2018)年5月以前から金銭的に困窮などしていた可能性も考えられる。

自分の信用性やカリスマ性を大袈裟な手振り身振り、派手な服装や高級そうな持ち物、有名人との交流、交際などの話などを優れた話術で語る者がいる。

M容疑者(被告)は、いくつかの法人を経営しながら、投資用と思われるマンションを購入し、自身も東京の人気の街にある高級賃貸マンションに住所を定めていた形跡がある(報道では住所、職業ともに不詳:参考、「国税局職員らによる持続化給付金2億円不正受給 ドバイから帰国のリーダー格男を詐欺容疑で逮捕 日刊スポーツ 2022年6月13日20時10分配信」)。

20代で成功を収めたと思われるM容疑者(被告)。だが、自身のSNS(facebook、Instagram)の投稿には高級外車や高級時計の画像(写真)などは、人を勧誘するための――虚構だったのかもしれない。

逮捕された現役市長の次男

2022年9月28日、現職(4期)の神奈川県厚木市市長小林常良1949(昭和24)年4月28日生まれの次男で45歳のK・S(逮捕時45歳)が、国の新型コロナウイルス対策の一つである続化給付金を詐取した詐欺容疑で逮捕された。

逮捕されたK・S容疑者被告)注,2023年1月10日現在、公判中(参考:給付金詐取事件 2人罪状認める 初公判、1人は留保 読売新聞2023年1月11日付)ら3人は、持続化給付金の申請代行をSNSで告知し、受給資格のない約100人を集め申請代行の手数料を得ていたといわれる。 K・S容疑者(被告)のグループが不正に得た給付金額は約1億円とも報道された。(参考:持続化給付金をだまし取った疑いで3人逮捕 被害は1億円超か 神奈川NHK NEWS WEB 09月28日 16時07分 配信)

現役市長の長男であり、自身も県議補選に立候補した経歴を持つK・S容疑者(被告)は、現在(2022年9月29日現在)確認できる範囲で過去に2つの法人を代表取締役に就任し、現在1つの一般社団法人の理事長に就任しているが、過去の経営先2社は2016(平成28)年春頃、倒産していた。

法人名設立日資本金出資金その他事項事業目的等
某・株式会社(詳細割愛)平成21年8月500万円食料品の販売及び飲食店の経営など
平成28年破産
有限会社・某(詳細割愛)平成14年5月10万円食料品の販売及び飲食店の経営など
平成28年倒産
一般社団法人・某(詳細割愛)令和1年11月福祉の増進を目的とし、その目的に資する等
確認されたK・S容疑者(被告)の経営先一覧

2016(平成28)年以前から金銭的な問題を抱えていたと推察されるK・S容疑者(被告)の過去の報道などから確認された経歴は以下のとおりである。

出身大学帝京科学大学
2002年有限会社・某 設立
2009年 某・株式会社 設立
2012年出馬 県央経営者会理事(現在の事務局所在地:厚木市)
2015年出馬 
2016年経営先2社などが倒産
2019年一般社団法人・某設立
K・S容疑者(被告)の経歴

上記の出身大学及び2012年当時の県央経営者会理事の肩書の出所は、「県議補選告示、新顔3氏立候補 伊勢原市区(朝日新聞2012年9月15日付)」、「15統一地方選:県議選 立候補者(毎日新聞2015年4月4日付)」である。

K・S容疑者(被告)の父親は周知のとおり現職の神奈川県厚木市市長であり、K・S容疑者(被告)自身も過去に神奈川県議会議員補欠選挙(2012年09月23日投票)及び神奈川県議会議員選挙(2015年04月12日投票)への2回の立候補歴がある(参考:飲食業の小林氏、みんなの党から出馬 県議補選伊勢原市区 朝日新聞 2012年9月11日付)。

1回目の神奈川県議会議員補欠選挙(2012年09月23日投票)は、みんなの党(2009年に結成、2014年に解散)からの立候補であり、3人の候補者のなか最下位で落選、2回目の神奈川県議会議員選挙(2015年04月12日投票)は、維新の党から「藤沢市選挙区」への立候補であり、10人の立候補者のなか9位の得票数で落選している。

K・S容疑者(被告)は、2012(平成24)年と2015(平成27)年の選挙で落選、2016(平成28)年春頃に経営先2社を倒産させていたことから、この2度の選挙の落選がK・S容疑者(被告)の金銭問題に関係していた可能性も考えられる。

K・S容疑者(被告)の神奈川県議会議員選挙(2015年04月12日投票)出馬前後の住所は、神奈川県藤沢市湘南台3丁目内の木造2階建てアパートだが、その後は、父親である現職の神奈川県厚木市市長「小林常良(つねよし)」の後援会事務所に住所を異動しているが、前述の逮捕報道によれば、K・S容疑者(被告)は住所不定である。上記住所に居住実態などは無いとも推察され、逮捕前の暮らしぶりは明らかになっていない。

目に見えないコロナという敵からの攻撃による国難的状況のなか、政府は中小零細事業者などを救済する目的で大規模な財政出動を行った。その目玉政策が持続化給付金である。

2度も政治の世界を目指したK・S容疑者(被告)は、持続化給付金の目的を充分に理解していた思われる。また、申請の要件や手続きなどについても知識があったと思料される。

K・S容疑者の一家は父、兄ともに政治の世界の住人でもある。国民、県民、市民のために政治家を目指したK・S容疑者(被告)らの国の持続化給付金制度を悪用した約1億円不正受給の容疑に対し、現役4期の厚木市市長である小林常良市長は、何を考え、今後どのような発言をするのか等に注目していきたい。

なお、2022年9月29日現在、小林常良厚木市長は「(前略)ただただ驚いているのが正直な心境です。容疑が事実であれば到底許されるものではなく、真摯に向き合ってほしいです。市民の皆様に深くお詫び申し上げます(後略)」(引用:持続化給付金を不正受給 逮捕された指示役の男は…神奈川・厚木市長の次男だった 市長は「ただただ驚いている」 TBS NEWS DIG 2022/09/29 12:20配信)などのコメントを発している。

以下は厚木市HP(リンク先は同市HP内の「小林市長の次男による持続化給付金の不正受給に関するコメント」のページ)に掲載された小林常良厚木市長のコメント。

次男逮捕の報道を受け、ただただ驚いているというのが正直な心境です。現時点では私自身も報道以上の情報を持ち合わせておらず、情報の収集に努めております。容疑が事実であれば到底許されるものではなく、次男には取り調べに対して真摯に向き合ってほしいと願っております。市民をはじめとした多くの皆さまに、ご心配とご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫びを申し上げます。引き続き、情報の収集に努め、改めてお話しさせていただきたいと思っております。

出典:厚木市報道資料PDF

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1. 記事『世田谷一家殺害事件:仮説的プロファイリング(日系米国移民の子孫とみずがめ座の時代)』アイキャッチ画像
    本サイトでは、2000年12月30日夜から31日未明に発生した世田谷一家殺害事件について、…
  2. 記事「映画『偽りなき者』の考察と感想:偏見が奪う、考える力と正しく見る目」アイキャッチ画像
    この世で最も忌むべき犯罪として、幼い子供に対する性的虐待が挙げられる。逆らえない、もしくは…
  3. 記事:ドラマ『運命の人』考察:知る権利VS.国家機密イメージ画像
    西山事件をモチーフにしたドラマ『運命の人』は、国民の知る権利と国家機密という二つの重要なテ…
  4. 影の戦争:セキュリティ・クリアランスとスパイ防止法・有名スパイ事件と情報戦
    2024年3月28日、経済安全保障上の重要情報へのアクセスを、政府が信頼性を検証した個人に…
  5. 記事「東京都大田区会社員失踪事件(遠田高大さん行方不明事件)」アイキャッチ画像
    日常のなか、人が突然蒸発する。蒸発した理由は誰にもわからない。 残された者は失踪者を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る