世田谷一家殺害事件 犯人像に迫る

21年前の「2000年12月30日(土曜日)の午後11時頃から平成12年12月31日(日曜日)未明(引用・参考:警視庁ホームページ)」に発生した凶悪、非道な「上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件」(通称「世田谷一家殺害(殺人)事件」)の犯人は、被害者A(夫)およびA家族の知人もしくは知人の親族なのか?それとも面識のない不特定多数を狙った所謂「流し」の犯罪なのか?この二つの読み筋によりその犯人像も大きく変わる。

本日(2021年12月30日木曜日)に配信された毎日新聞の記事「侵入経路は玄関か浴室か 世田谷一家殺害事件、解決へのカギ」に以下の言葉がある。

<報道>

犯人が被害者と顔見知りである「鑑(かん)」か、面識のない「流し」か――。捜査員の間でいまだに意見が割れている未解決事件がある。家族4人が犠牲になった世田谷一家殺害事件だ。捜査の方向性を決める「見立て」が定まらないのは、犯人の侵入経路が分からないことが背景にある。解決のカギとなる一つの謎を追った。事件は発生から30日で21年になる。 毎日新聞2021年12月30日付 配信記事

毎日新聞2021年12月30日付 配信記事

そう、この事件を「顔見知りの犯行」と考えるか、「面識のない者による犯行」と考えるかにより、事件の様相、背景、犯人像の「見立て」が大きく違ってしまう。

世田谷一家殺害事件 犯人と被害者家族の関係

本サイトは、幼い子供にまで手を掛けたこの凶悪、非道な世田谷一家殺害事件の犯人を被害者A (夫)の知人もしくは知人の親族などの「顔見知り」と考えている。

そして、その人物(犯人)は被害者A家族が1989年頃まで居住していた①東京都世田谷区の東急電鉄の某駅付近または各種報道などから同時期頃まで学習塾を営んでいたといわれる②東急電鉄目黒線『奥沢駅』の付近――半径3キロ以内――に居住などしていたとも考えている。

現況、詳細は述べられないが、世田谷一家殺害事件の犯人は、被害者A(夫)の知人もしくは知人の親族などの「顔見知り」であり、事件当時、上記①②の東側、東京都世田谷区の東側から南東方面、所謂「城南地域」に自身が居住または親族が居住など関係していたと考えている。

ここで公表されている犯人像について再確認してみよう。警視庁公表の犯人情報および各種過去報道によれば、世田谷一家殺害事件の推定される犯人は年齢15歳~20代、身長170cm前後のやせ型の人物といわれている。

ここで着眼したいのは、この犯人が被害者A(夫)の直接の知り合いだと想定した場合の両名の年齢差である。

被害者A(夫)の事件当時の年齢は44歳。その妻の事件当時の年齢は41歳。犯人の年齢を15歳から19歳の未成年と想定すると被害者A(夫)との年齢差は24歳~29歳となり、犯人を20代(21歳~29歳)と想定すると23歳~15歳となる。

この年齢差(最大29歳、最小15歳)はなにを意味するのか?推測されることを以下に記そう。

世田谷一家殺害 被害者と想定される犯人の年齢差

1・被害者A(夫)は、これまでの捜査で警察が把握している職場の年下の同僚、取引先の年下の関係者、私生活、趣味などで知り合った年下の関係者などの他に「幅広い年齢層のいる何らかのグループ、集団」に属し、そこで年下(最大29歳、最小15歳)の者と知り合った。そして、その者を家族のいる自宅に招きいれている(過去の報道などから、犯人は事件前にも被害者A宅を訪れていた可能性があるため)と考えるとその者は被害者Aの妻とも親しい、被害者Aの妻とも旧知であると考えられる。

2・被害者A(夫)は、そもそも、年齢差(最大29歳、最小15歳)の犯人の親族などと関係があり、その親族などを通じて世田谷一家殺害事件の犯人と親しくなった。

3・上記1,2の両方に共通する者。つまり、世田谷一家殺害事件の犯人は、被害者A(夫)とAの妻の両方が知る者である。そして、もともと被害者A(夫)はその犯人の親族(その親族と犯人との身分関係は親子、孫など)と知人だった。

世田谷一家殺害事件の犯人と被害者A(夫)に面識があったと仮定した場合の最大の疑問は、年齢差(最大29歳、最小15歳)のある二人の「知り合ったきっかけ」だが、そこには犯人の親族など第三者が関係していたと思われる。ここまでの推論は次のとおりである。

世田谷一家殺害事件 推論-1

  • 世田谷一家殺害事件の犯人と被害者A(夫)は、「顔見知り」だと思われる。
  • そもそも、被害者A(夫)は、犯人の親族と人間関係があったと思われる。
  • 被害者A(夫)と犯人の親族との間に関係があった仮定するならば、その親族は被害者A氏の職歴・職業からは想定外の属性の者であるが、家族にも紹介などが出来る属性の者(反社会勢力などではない)であり、かなり以前からの知り合いだと思われる。
  • かなり以前からの知り合いだと仮定すれば、それは被害者A家族が事件現場に転居する前の生活圏(『奥沢駅』など)にも関係する者だと思われる。

世田谷一家殺害事件 遺留品などから推測される犯人の経済状況

世田谷一家殺害事件の現場には犯人の物と思しき多くの遺留品が残されている。事件当時の犯人は学生か?浪人生か?職業の有無は?アルバイトか?正社員か?収入の有無は?生活費の出所は?などを考察するため、この残された遺留品を値段などを見てみよう。警視庁ホームページには、以下の参考値段が表記されている。

遺留品値段
1・ユニクロエアテックジャケット 3900円~5900円
2・クラッシャーハット約1900円
3・マフラー不明(ゲームセンターの景品か?)
4・ラグランシャツ(トレーナー)1480円~1900円
5・エドウィン社製ボア付きグローブ(手袋)1980円前後
6・スラセンジャー(靴)4000円前後
7・ヒップバッグ2900円
8・無印良品のハンカチ2枚1枚300円 合計600円
9・ドラッカーノワール(香水)30ml 3000円 
10・関孫六 銀寿の包丁3500円
合計23,260円~25,680円

犯人がこれらの品を盗んだ、他人から貰ったと考えなければ、世田谷一家殺害事件の犯人が現場に残した遺留品の合計額は 23,260円~25,680円である。だが、この総額自体にはあまり意味はないだろう。犯人がこれらの品を全て同時に購入したと仮定しないならば、問題は1点、1点の値段である。(ただし、警視庁の発表によれば、トレナーと帽子と手袋(合計5,360円~5,780円)は同一の店(マルフル)で販売していたともいわれるが、犯人が同時に購入した証拠はない。)

その1点、1点の値段は、5,000円以下、 トレナーと帽子と手袋を同時に購入したとしても合計金額は5,360円~5,780円であり、世田谷一家殺害事件の犯人が衣料品などに1回の買い物で使える平均金額は2,000円~3,000円の範囲かもしれない。

上記の金額を高いと考えるか、安いと考えるかは価値基準の問題だが、犯人はヒップバックやマフラーを比較的長期間使用していた可能性があるとの報道なども散見され、安く購入などした物を比較的長期間使う人間、金を掛けずに時代の流行(エアテックジャケットやラグランシャツ)を取り入れるどちらかというとお洒落に敏感な人間のように感じてしまう。

これらのことを勘案すると事件当時の犯人は、学生、浪人生、無職を含む収入の少ない不安定な就労状況だった可能性が推測される。

ここまでの推論は次のとおりである。

世田谷一家殺害事件 推論-2

  • 世田谷一家殺害事件の犯人が商品を購入する際の1点の金額は5,000円以下が多い。
  • 世田谷一家殺害事件の犯人が一回の買い物で使う金額は2,000円~3,000円の範囲の可能性がある。
  • 事件当時の世田谷一家殺害事件の犯人は学生、浪人生、無職を含む収入の少ない不安定な就労状況だった可能性が推測される。

世田谷一家殺害事件 事件当時の犯人の住まい 一人暮らしか?賃貸か?持ち家か?

では、事件当時の世田谷一家殺害事件の犯人の住まいはどのようなところだったのか?地域的には前述のとおり、東京の城南地域が想定される。だが、東京の城南地域は都内でも人気の住宅街のため不動産価格や家賃は23区内でも高い地域だ。

事件当時の世田谷一家殺害事件の犯人が15歳~20代の男性であり、 学生、浪人生、無職を含む収入の少ない不安定な就労状況だった可能性を想定した場合の住居生活状況は以下が推測される。

世田谷一家殺害 犯人の住居生活状況の推論

1・世田谷一家殺害事件の犯人の住居が賃貸だとしても本人が賃借人の可能性は低い。

2・世田谷一家殺害事件の犯人は不動産を所有していない(相続は仮定していない)

3・世田谷一家殺害事件の犯人の住居が賃貸の場合、親と同居の可能性がある。

4・ 世田谷一家殺害事件の犯人の住居が賃貸の場合、 友人や交際相手が賃借人の可能性がある

5・親族所有の不動産に親族と同居していた。

6・親族所有の不動産に何らかの理由で単身暮らしだった。

上記1-6の想定のうち、1,2の場合、この犯人は住所不定となり、4の場合は事件後にその友人、交際相手が捜査機関に通報などしている可能性が高いと一般常識的には考えられる。

犯人の事件当時の住居生活状況として残る想定は、上記3,,5,6である。勿論、この親族が被害者A(夫)の元々の知人の可能性は高い。世田谷一家殺害事件の犯人は、その親族を通じて被害者A(夫)を知ったと思われる。

では、この親族はどのような人物なのか?価値の高い都内城南地域に不動産を持つと仮定するならば、1・代々、同地域に住んでおり、土地などを相続などした者。2・地価が高騰するバブル期以前に不動産を購入した者。3・投資目的でバブル期に不動産を購入した者だが、1の場合だと犯人が残したDNAからのこれまでの推論と矛盾する。

そして、2の場合だと年齢的に上の世代(犯人の親よりも上の世代)、3の場合だと年齢的に犯人の親の世代の可能性が高い。(そもそも、犯人の年齢を15歳~19歳の未成年と仮定すると被害者A氏とも親子のほどの年齢差だ。)

事件当時の世田谷一家殺害事件の犯人は学生、浪人生、無職を含む収入の少ない不安定な就労状況だった可能性が想定される年齢15歳~20代の男性だ。彼は自身の親族など通じて被害者A(夫)と知り合った可能性がある。

そして、被害者A(夫)はかなりの高学歴だ。

その者は高学歴の被害者A(夫)と知人関係にある者。

その者は価値の高い地域に不動産を所有する者。

つまり、その者が、かなりの成功者であることは充分に考えられる。

Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 映画「KOTOKO」考察
    Coccoという歌手がいる。彼女が作った歌は全てが独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する何か…
  2. 現在、普通に世界中の劇場で使われる舞台機構で、歌舞伎発祥のものがある。舞台機構以外にも歌舞…
  3. 市川団十郎
    先日、松竹株式会社から正式に2022(令和4)年11月、12月公演で「十三代目市川團十郎白…
  4. ,歌舞伎
    三島由紀夫(1925~1970)は小説家として有名で、新潮文庫で34冊も出ているくらい、多…
  5. 人魚
    王子様に憧れ、人間になることを望んだ人魚姫。美しい歌声で船乗りの心を捉えてしまうローレライ。人魚が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る