榊原正道容疑者・過去に女性監禁事件?愛媛県今治市内ピアノ教師殺害事件

記事『榊原正道容疑者・過去に女性監禁事件?愛媛県今治市内ピアノ教師殺害事件』アイキャッチ画像

事件概要

2023年1月26日(金曜日)、愛媛県今治市内の女性ピアノ教師 (64歳)が自宅で殺害され、同女性の35歳の次女が所在不明となる悲惨な事件が報じられた。

事件発生2023年1月26日(金曜日)
発生場所愛媛県今治市内の女性ピアノ教師の自宅
被害者数2名次女暴行等、母親殺人等の可能性がある
凶器不明
容疑逮捕時暴行容疑
今後、母親への殺人等容疑の可能性がある
愛媛県今治市内ピアノ教師殺害事件 概要

警察は、現場から立ち去る男の姿を映した付近の防犯カメラ映像を確認した上で、2023年1月27日の夜間、被害者次女の知人・愛媛県西条市樋之口の自称会社員・榊原正道容疑者(34歳)を次女(35歳)に暴行を加えた疑いで逮捕した。

また、事件以来連絡が取れなくなっていた次女は、愛媛県西条市内で一人のところを発見され、現在は警察の保護下に置かれており、無傷と報じられている。

YouTube channel

今後、榊原正道容疑者は死亡した女性ピアノ教師に対する殺人事件の重要人物として入念に捜査されるだろう。

警察は女性ピアノ教師死亡に関する事件を視野に徹底した捜査を進めるだろう。

同姓同名者の過去の事件

榊原正道容疑者(34歳)の過去の事件の有無について確認を実施した結果、2011年3月10日頃、同人の同姓同名者(漢字同一)が女性への逮捕監禁致傷の容疑で埼玉県警所沢署に逮捕されていたことが過去の報道から明らかになった。

女性への逮捕監禁致傷の容疑で逮捕された同姓同名の逮捕時の年齢は21歳であり、榊原正道容疑者(34歳)とほぼ年齢が一致する。

また、女性への逮捕監禁致傷の容疑で逮捕された同姓同名は、同容疑での逮捕時、住所不定の無職である。

この事件は、2011年2月26日の16時頃、埼玉県内に住む20代の知人女性の家に侵入し、暴行を加え、包丁を突きつけるなどした後、レンタカーに押し込めて連れ出すという事件である。

榊原正道容疑者(34歳)の同姓同名者は、2011年3月8日15時50分頃まで埼玉県内や静岡県内のホテルなどに女性を監禁した疑いで現行犯逮捕され、取り調べの警察に対し「金が欲しかった」と語っていたという。

なお、逮捕後の起訴の有無及び裁判に関する情報は得られなかった。

現況、榊原正道容疑者(34歳)と上記の同姓同名者が同一人物だと断定することはできないが、氏名の漢字、年齢及び知人女性宅に侵入し、暴行を加え連れ出す手口等の同一性から同一人物の可能性が考えられる。

榊原正道容疑者(34歳)のSNS

榊原正道容疑者(34歳)のSNSアカウント(X、facebook)の有無について確認を行ったところ、同人と判断(同姓同名のアカウントは有る)できるSNSアカウントは確認できなかった。

※本記事は、2024年1月28日、20時現在の情報に基づき作成した記事である。

まとめ

現況、榊原正道容疑者(34歳) と女性ピアノ教師 (64歳)の死亡の因果関係は不明であるが、警察は女性ピアノ教師 (64歳)の死亡と榊原正道容疑者(34歳)の関係性の有無を徹底的に捜査するだろう。

また、榊原正道容疑者(34歳)の同姓同名者には知人女性の自宅に侵入し、暴行を加え連れ去るという類似事件での逮捕歴等が有るようだ。

ただし、同姓同名者の事件は、埼玉県内の事件であり、本事件は愛媛県内の事件である。地域的に離れた場所での2つの事件の関係の有無(榊原正道容疑者の類似事件での前科、前歴の有無)は、今後の捜査や社会等に大きな影響を与えるだろう。


◆参考資料
「知人女性を10日間監禁暴行の男逮捕」サンケイスポーツ2011年3月11日付


◆オススメ記事


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 記事『世田谷一家殺害事件:仮説的プロファイリング(日系米国移民の子孫とみずがめ座の時代)』アイキャッチ画像
    本サイトでは、2000年12月30日夜から31日未明に発生した世田谷一家殺害事件について、…
  2. 記事「映画『偽りなき者』の考察と感想:偏見が奪う、考える力と正しく見る目」アイキャッチ画像
    この世で最も忌むべき犯罪として、幼い子供に対する性的虐待が挙げられる。逆らえない、もしくは…
  3. 記事:ドラマ『運命の人』考察:知る権利VS.国家機密イメージ画像
    西山事件をモチーフにしたドラマ『運命の人』は、国民の知る権利と国家機密という二つの重要なテ…
  4. 影の戦争:セキュリティ・クリアランスとスパイ防止法・有名スパイ事件と情報戦
    2024年3月28日、経済安全保障上の重要情報へのアクセスを、政府が信頼性を検証した個人に…
  5. 記事「東京都大田区会社員失踪事件(遠田高大さん行方不明事件)」アイキャッチ画像
    日常のなか、人が突然蒸発する。蒸発した理由は誰にもわからない。 残された者は失踪者を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る