神奈川県横浜市戸塚区路上78歳男性殺害事件

ブログ記事[神奈川県横浜市戸塚区路上78歳男性殺害事件』イメージ画像

事件概要

2023年2月20日(月)18時頃、神奈川県横浜市戸塚区東俣野町を通る国道一号線沿いの歩道で、神奈川県藤沢市西富に住む78歳の無職男性S氏が何者かに棒のようなもので複数回殴られ死亡した殺人事件が発生した。

神奈川県警は、S氏の死因を頭部打撲による頭蓋内損傷によるものだと発表している。

事件発生から約4ヶ月後の2023年6月18日、神奈川県横浜市戸塚区東俣野町に住む64歳の会社員男性Hが殺人の容疑で逮捕された。

2023年6月19日現在、Hは同容疑を否認していると報道されており、事件の真相解明が待たれる。

なお、H容疑者が犯行を否認しているため、本記事はH容疑者を匿名で記す。

発生場所神奈川県横浜市戸塚区東俣野町
日時2023年2月20日(月)18時頃
被害者78歳の無職男性S氏
容疑者64歳の会社員男性H
逮捕日2023年6月18日
神奈川県横浜市戸塚区路上78歳男性殺害事件 概要

H容疑者の自宅

2023年6月18日、TVメディアで報道されているH容疑者の自宅は、小田急江ノ島線「善行」駅から北東方向へ直線距離で約1キロメートル離れた場所に所在する築30年以上の外装白色の分譲マンションの最上階に所在し、H容疑者が20年以上前から所有していることが不動産登記から確認できる。

H容疑者の自宅と事件現場の距離

上記H容疑者の自宅のあるマンションから事件現場(神奈川県横浜市戸塚区東俣野町)は、南東方向へ直線距離で500-600メートル離れた場所に位置している。

H容疑者宅から事件現場までは、「ほぼ」一本の道で行くとかが可能だ。

H容疑者逮捕前の報道によれば、被害者S氏を襲った人物(犯人)は、紺色系フード付ロングコートを着用した身長165㎝程度の男だといわれ、同男と思われる人物が事件現場付近で棒状のものを振り回していたとの目撃情報がある。

出典:Google 事件現場付近

H容疑者が上記の目撃された男と同一だとするなら、被害者S氏を襲うために使った棒状のもの持ちながら自宅から事件現場までの「ほぼ」一本道を歩いたのだろうか。

被害者S氏を襲った棒状のものと目撃情報にある紺色系フード付ロングコートが今後の捜査の鍵の一つになりそうだ。

H容疑者の自宅と被害者S氏宅の距離

報道によれば、被害者S氏宅周辺を歩くH容疑者と思しき人物が防犯カメラに映っていたといわれ、事件前からH容疑者と思しき人物が被害者S氏宅を把握していた可能性が考えられる。

TVメディアで報道されている被害者S氏宅は、容疑者H宅から南西方向へ直線距離で1キロメートル以上の距離にある。

2023年6月19日現在、H容疑者と被害者S氏の関係性は判然としていない。H容疑者が被害者S氏の自宅を把握していたと仮定するとH容疑者が被害者S氏を尾行した可能性が考えられ、H容疑者が被害者S氏の日常の行動(散歩の時間とルート等)を把握していたことも推察できる。

H容疑者の過去の犯罪報道の有無は?

H容疑者の過去の犯罪報道などについて確認を実施したが、H容疑者と推測できる過去の犯罪報道は確認されなかった。

上記結果とH容疑者は会社員との報道及び自宅マンションを所有していることを勘案するならば、これまでのH容疑者には大きなトラブル等は無かったとも考えらえる。

H容疑者のSNSは?

前述のとおり、現時点でH容疑者と被害者Sの関係性は不明である。H容疑者は被害者S氏とは面識が無いとも供述しているといわれる。

現代社会の人間関係の繋がりの要因には、地縁、血縁、職業、職場、学校、趣味趣向の活動等での繋がりの他にネット空間での繋がりもある。ネットで知り合いトラブルになった等は比較的多く見らえる事案(事件)だともいえる。

H容疑者と被害者S氏と年齢から考えると2人がネット空間で知り合い、何らかのトラブルになったとは考え難いとも思われるが、2人の関係性を推論するにはH容疑者のSNSアカウンの有無及び投稿内容等は確認することも必要である。

上記の理由からH容疑者に関してネットメディアサーチを実施したが、H容疑者と判断できるSNS(Facebook 、 Twitter、Instagram)の確認には至らず、H容疑者と被害者S氏との関係性の情報は得られなかった。

やはり、H容疑者と被害者S氏の関係性は、国道1号線を中心とする「地域」的な繋がりの可能性が高いと思われる。

なお、H容疑者の同姓同名のSNSが確認されたが、H容疑者だと断定することができないため、同SNSアカウントの記載は差し控える。

H容疑者の勤務先は?

報道によれば、H容疑者は何回か勤務先を変えているようだ。現況、H容疑者の勤務先に関する情報は確認できないが、H容疑者は自宅マンションをローンで購入しているため、20年以上前(40歳前後)は、安定した収入を得ていたと考えられる。

ただし、2015(平成27)年頃から金銭面に問題を抱えていた可能性が不動産登記から推察された。

神奈川県横浜市戸塚区路上78歳男性殺害事件に関する雑感

2023年6月19日現在、H容疑者は犯行を否認し、被害者S氏と面識がないと供述しているらしい。

また、被害者S氏を襲うために使ったといわれる「棒状のもの」や目撃情報にある紺色系フード付ロングコートに関する情報も報じられていない。

H容疑者の今後の供述(認否を含む供述)や犯行に使われた凶器と着衣等の発見等の報道に注目したい。


◆参考資料
「散歩中に殴られ、78歳男性が死亡横浜、男の行方追う」朝日新聞2023年2月22日付
「78歳殺害関与か、橋付近に不審者戸塚の事件」朝日新聞2023年2月24日付
「戸塚の殺人事件県警が逃げた男の身長や着衣を公開」中日新聞2023年3月1日付
「横浜 戸塚区 78歳男性路上殺害事件 64歳会社員 殺人容疑で逮捕」NHK2023年6月18日 17時11分配信
「殺害された男性と容疑者の男との面識はこれまでに確認されず横浜市の男性殴打死事件」TBS NEWS DIG 2023年6月18日配信
「横浜 戸塚区 78歳男性殺害事件 数日前にも男性を尾行か」NHK2023年6月19日 16時35分配信


◆オススメの記事


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 記事『おおかみこどもの雨と雪』考察:「育てる」ことの難しさと、母と子の関係性アイキャッチ画像
    子供を育てることは大変だ。責任は大きく、気を抜ける瞬間は少ない。気が付けば、体も心もボロボ…
  2. 記事『都知事の娘を騙った詐欺師と長野県塩尻市24歳カップル事件』アイキャッチ画像
    石原慎太郎・東京都知事(当時)の娘と偽り、多額の金銭を騙し取った女性がいた。 彼女は…
  3. 記事『アニメ『千と千尋の神隠し』から異界を探る~神隠しと「この世」ではないどこか~』アイキャッチ画像
    日本が誇るアニメ製作会社・スタジオジブリが手掛けた『千と千尋の神隠し』。多少なりともアニメ…
  4. 記事『風呂場に見知らぬ男性の遺体』アイキャッチ画像
    無関係な「死体」が自宅の浴槽に「在る」。「死体」を発見した家人は、この突然の得体の知れない…
  5. 記事『映画『リアリティ』の考察:リアリティ・ウィナーとナウシカの正義感』アイキャッチ画像
    映画『リアリティ』(原題:Reality)は、実際のアメリカ国家安全保障局の25歳の契約社…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る