神戸6歳男児遺体遺棄事件から犯罪と障碍の複雑なつながりを考察

ブログ記事『神戸6歳男児遺体遺棄事件から犯罪と障碍の複雑なつながりを考察する』イメージ画像

本記事は、2023年6月22日に発覚した神戸6歳男児遺体遺棄事件から犯罪と障碍の複雑なつながりを考察する記事である。

事件概略と着眼点

2023年6月22日、兵庫県神戸市西区玉津町の集合住宅内で同居する母(57歳)を監禁し怪我を負わせたという傷害等の容疑で4人の兄妹姉妹が逮捕された。

また上記事件現場となる兵庫県神戸市西区玉津町の集合住宅内付近の空き地では上記の容疑で逮捕・送検された34歳無職H・S容疑者の子(6歳男児)の遺体が発見されている。

兵庫県警は、6歳男児の遺体発見によりH・S容疑者ら計4人を57歳母に対する傷害等の容疑で逮捕したのだろう。

被害者となる57歳の母、H・S容疑者ら4人の兄妹姉妹及び遺体で発見された6歳男児が暮らしていた兵庫県神戸市西区玉津町の集合住宅付近の防犯カメラには、スーツケースを運ぶ4人組が映っていたといわれ、H・S容疑者は6歳男児の遺体を捨てたとの供述を始めたらしい(参考:母親、遺体を捨てたことを認める供述「4人で自宅からスーツケースで運んだ」日テレNEWS 2023年6月24日11時59分配信)

また、6歳男児の死因は外傷性ショックによるものではないかとの報道が散見されるため、今後は6歳男児の死とH・S容疑者ら4人の兄妹姉妹等の関係性に捜査と報道の焦点は移るだろう。

さらに、H・S容疑者ら逮捕された4人のうち複数(3人または全員)に知的障碍があり、4人の兄妹姉妹も幼少期に母(57歳)から虐待を受けていたとの報道も散見される。 知的障碍と犯罪加害/犯罪被害及び虐待の連鎖に着眼し、神戸6歳男児遺体遺棄事件から犯罪と障碍の複雑なつながりを考察していこう。

H・S容疑者らの知的障碍に関する報道について

H・S容疑者に関する過去の報道を確認したところ、約17年前に兵庫県内で開催された某障害者(障碍者)スポーツ大会少年女子の部に同姓同名者が出場していたことが認められ、同人物はH・S容疑者の可能性が高いと判断された。

上記からH・S容疑者の責任能力の有無等が最大の争点になりそうだ。検察の起訴の有無と起訴された場合の裁判の行方に注目したい。

なお、逮捕された他の3人の過去の報道は認めらなかったため、3人のうちの誰に障碍があるのか等は不明であり、現時点で責任能力を有すると思われる犯罪の主導的立場が誰なのかについてはわからなかった。

複雑な家庭

H・S容疑者の家庭は複雑である。母への傷害等の容疑で逮捕、送検された4人が兵庫県神戸市西区玉津町の集合住宅に転居してきたのは約10年前だといわれ、それ以前は逮捕時の居所から南東方向へ直線神距離で約5キロメートル離れた同市内の市営団地に居住していた。

H・S容疑者の兄弟姉妹には、逮捕された次男、次女、三女のほかにH・S容疑者の弟(長男)がいる。 H・S容疑者と逮捕された次男の年齢差が約2才であることから、H・S容疑者と次男に挟まれた長男との年齢差は1才程度だと推測される。

H・S容疑者と他の兄妹姉妹たちは、少なくとも小学生頃から以前の住まいである神戸市内の市営団地に住んでいたが、傷害の被害者となる母の夫(H・S容疑者ら兄弟姉妹の父)に関する情報はない。

現況でわかることは、母の夫(H・S容疑者ら兄弟姉妹の父)は、事件現場となる現在の居宅に同居していなかったことだけだが、そもそも、H・S容疑者ら兄弟姉妹の父がそれぞれ異なる可能性も考えられるだろう。

また2006(平成18)年頃、母(57歳)の同姓同名者の金銭問題に関する官報記載が認められ、住所等から同母の可能性が高いと判断される。つまり、H・S容疑者ら兄弟姉妹も子供の頃から金銭的に恵まれない状態のなかで暮らしていたのだろう。

H・S容疑者ら兄弟姉妹も子ども頃に母から虐待を受けていたとの報道と複雑な家庭環境及びH・S容疑者らが知的障碍を抱えている可能性があるという背景を考え合わすなら、神戸6歳男児遺体遺棄事件は、社会的な解決策を要する事件だともいえそうだ。

ちなみに、遺体で発見されたN君(6歳)には、戸籍上の父がいないとの報道がある。戸籍上の父がいないとなれば、父からの金銭的な援助や逃げ場となる場所がないことに繋がる。

遺体で発見されたN君は、複雑な家庭環境、閉鎖的な家族という人間関係、金銭的な困難、逃げ場のない空間、相談相手の欠如等の問題を抱えるなかで生活していたのかもしれない。

たった6年というわずかな時間しか生きられなかったN君が不憫でならない。

加害者と被害者と供述弱者

知的障碍と犯罪の加害者/被害者、知的障碍と乳幼児殺しを含む虐待、知的障碍と供述弱者の問題は以前より指摘されている。

女性看護助手が殺人罪で懲役12年を受け某刑務所に収監された湖東記念病院事件(2005年5月発生)では、後に同女性に軽度知的障碍と発達障碍が確認され、事件から約15年以上を経て無罪が確定した。

同女性は取調警察官に好意を抱き、同男性警察官に対する迎合と同警察官からの誘導(誤導)により虚偽の自白を行っていた。

神戸6歳男児遺体遺棄事件では、細心の注意を払いながら捜査が尽くされることを望んでしまう。

厚生労働所の統計資料(平成16年次から平成24年次)によれば、日齢0日の死亡を含む0歳児の心中以外の虐待死事例の死亡人数は、毎年20人以上で推移していることがわかり、2023年1月から6月20日までにも複数の赤ちゃん遺棄事件が確認できる。

参考・出典:厚生労働省「特集1:0日・0か月児死亡事例について」※平成19年は1月1日から平成20年3月31日まで(1年3か月間)と、対象期間(月間)が他の報告と異なる。

同統計に含まれると推察される2019年12月、佐賀県武雄市で乳幼児の遺体を遺棄した事件の女性(25歳)と交際相手の男性(25歳)の被告は知的障碍を抱えていた。

同事件に関する報道記事の抜粋は以下のとおりである。

(前略)女性は18年10月頃、特別支援学校時代に同級生だった男性と交際を始めた。19年8月、腹痛を感じた女性は男性とともに妊娠検査薬を使用。妊娠が判明したが、親らには相談しなかった。女性は腹部の膨らみが目立たず、家族も妊娠に気付いていなかった。4人きょうだいで姉と弟はより重い知的障害を抱えており、両親が女性に関わる機会も少なかったという。(後略)

自宅出産 乳児遺体遺棄 知的障害女性 妊娠明かせず 読売新聞2021年11月23日付

佐賀県武雄市の出産直後の乳幼児遺体遺棄事件は、知的障碍を抱える女性の妊娠、出産に対する共助と公助について考えさせられる事件の一例である。

事件は防げるか?(まとめ)

知的障碍を抱える人々は加害者にも被害者にもなる。2023年6月23日現在、神戸6歳男児遺体遺棄事件の真相にはわからない点が多いがH・S容疑者ら兄弟姉妹が知的障碍を抱えているのならば(事実認定されるなら)同事件は社会的な議論が必要な問題にもなる。

社会は虐待の連鎖と知的障碍者の孤立出産を防ぎ子育て支援の充実をどこまでできるのだろうか? それは、2023年4月に発足したこども家庭庁に課せられた大きな役割の一つだろう。


★参考資料
「神戸・6歳男児遺棄逮捕された母親やきょうだいたちも監禁した祖母から“虐待”を受けた過去…『頭にネット包帯を被っていた』『ウチではあの子たちを三度保護しました』…修くん(6)はベランダにだされて『助けて』と」2023年6月23日22時22分配信集英社オンライン
「祖母を数十回監禁か神戸、草むらに6歳の遺体容疑の母ら」朝日新聞2023年6月23日付 
「すべての人が『供述弱者』になりうる冤罪をどう防ぐか」ForbesJAPAN編集部2020年12月29日付
「自宅出産 乳児遺体遺棄 知的障害女性 妊娠明かせず」読売新聞2021年11月23日付
厚生労働省「特集1:0日・0か月児死亡事例について
平成27・28年度研究報告書「嬰児殺に関する研究」社会福祉法人横浜博萌会
こども家庭庁ホームページ


◆関連記事:家族間の事件・貧困と犯罪の問題

オススメ記事


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 記事『おおかみこどもの雨と雪』考察:「育てる」ことの難しさと、母と子の関係性アイキャッチ画像
    子供を育てることは大変だ。責任は大きく、気を抜ける瞬間は少ない。気が付けば、体も心もボロボ…
  2. 記事『都知事の娘を騙った詐欺師と長野県塩尻市24歳カップル事件』アイキャッチ画像
    石原慎太郎・東京都知事(当時)の娘と偽り、多額の金銭を騙し取った女性がいた。 彼女は…
  3. 記事『アニメ『千と千尋の神隠し』から異界を探る~神隠しと「この世」ではないどこか~』アイキャッチ画像
    日本が誇るアニメ製作会社・スタジオジブリが手掛けた『千と千尋の神隠し』。多少なりともアニメ…
  4. 記事『風呂場に見知らぬ男性の遺体』アイキャッチ画像
    無関係な「死体」が自宅の浴槽に「在る」。「死体」を発見した家人は、この突然の得体の知れない…
  5. 記事『映画『リアリティ』の考察:リアリティ・ウィナーとナウシカの正義感』アイキャッチ画像
    映画『リアリティ』(原題:Reality)は、実際のアメリカ国家安全保障局の25歳の契約社…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る