『松本サリン事件に関する一考察』を考察!

松本サリン事件 怪文書 『松本サリン事件に関する一考察』

サリン事件は、オウムである

『松本サリン事件に関する一考察』

この衝撃的な一文から始まる『松本サリン事件に関する一考察』は、その後の裁判で「オウム真理教」の犯行と認定された一連のテロ事件のうち、最初に実行された化学兵器サリンを用いた「松本サリン事件」(1994年6月27日)の実行者を名指しで指摘した所謂「怪文書」である。

この『松本サリン事件に関する一考察』は、「HtoH&T.K」を名乗る者(集団)により書かれ、文末には、この怪文書が書かれた時期と思しき――「1994年9月某日」の表記がある。

『松本サリン事件に関する一考察』は、1994年の秋頃から同年の年末または翌年1995年の初め頃までの間に日本の各マスコミに送付されたらしい。

世界初の化学兵器サリンを用いたテロ「松本サリン事件」は、死者8名、負傷者150名以上の被害者をだした前代未聞の大事件である。当初、捜査を担当した長野県警や同警察からのリークなどを得て記事を書く大手新聞社、TVメディアなどは、「松本サリン事件」の第一通報者A氏を被疑者のごとく扱い、A氏に重大な冤罪報道の被害を与えた。世界初の科学兵器サリンの捜査は難航し、メディアの伝える情報は錯綜し、不気味な憶測や想像が世紀末の日本社会の体感治安を悪化させた。(平成7年「警察白書」には次の言葉が記載されている。平成6年から7年にかけて、銃器犯罪が相次いだほか、サリンという猛毒を使用した殺人事件、阪神・淡路大震災が発生し、我が国の治安の根幹を揺るがした。リンク先:平成7年 警察白書 サリン・銃・大震災に対峙した警察

そのような時期――「サリン事件は、オウムである」の有名な冒頭から始まり、「この文書は『怪文書』です。したがって、『このような物』が世間に出回っていて、それを『紹介』すると言う形式を取れば、オウムの弁護士さんの手を煩わせることもないでしょう。なにしろ実際に『怪文書』なんですから。この文書を何らかの形でご使用なさるもなさらないも編集者の自由意思です。なにぶん、『怪文書』ですから。」と書かれた『松本サリン事件に関する一考察』は、怪文書としてメディア側に送りつけられたといわれている。

『松本サリン事件に関する一考察』を紹介しながら、「オウム真理教」が実行した残酷非道な事件、「オウム真理教」と時代、『松本サリン事件に関する一考察』の筆者などについて考察していこう。

松本サリン事件 地下鉄サリン事件 オウム真理教VS警察

資本主義と社会主義をつぶして、宗教的な国を作ることだ

麻原元死刑囚の説法 参考:NHK Nスペ 未解決事件File.02-3 オウム真理教

「救済のためなら殺人も許される」という「ヴァジラヤーナ(金剛乗)」の思想に基づき前代未聞のテロや殺人など多くの犯罪を起こした「オウム真理教」は、ヨガサークル「オウムの会」から始まり「オウム神仙の会」へ名称変更などを行い1987年には宗教団体「オウム真理教」となる。1984年5月、麻原元死刑囚を代表取締役とする「株式会社オウム」を設立、同社の役員欄には古参の女性幹部の氏名が記されている。その後の1986年の5月頃には、麻原元死刑囚が「最終解脱」を宣言、1989年8月、東京都からの宗教法人認可を受け宗教法人「オウム真理教」となる。なお、「オウム(AUM)」は、「阿吽」と同じ意味を持つ。

「オウム真理教」に代表される「新・新宗教」や「オウム真理教」自体に関しては同時代を生きた多くの識者、社会学者などの学者、文化人、ジャーナリスト、著述家などがそれぞれの視点から分析などを行っている。60年代から米国のヒッピーカルチャーからニューエイジ、水瓶座の時代、精神世界ブーム、占いブーム、自己啓発、終末論、ノストラダムスの予言、カウンターカルチャー、サブカルチャーなどの影響を受けた80年代の後半から90年代の初めの頃の「空気」が彼らを後押ししたのかもしれない。「オウム真理教」は「絶対に壊れない」「徹底的に修行する」など「絶対」「徹底的」という言葉を用いて信者を集めた。そして、その「絶対的」な言葉を使い、様々な悩みなどに答えをくれる麻原元死刑囚の思想を――信者たちは――絶対化してしまったのかもしれない。

前述のとおり、麻原元死刑囚を代表取締役とする「株式会社オウム」の設立は、1984年5月である。その後、1993年4月には、サリン製造の原料を調達する目的の「SK社(本店:東京都千代田区)」「Hケミカル社(本店:東京都新宿区)」が設立され、同年8月、同じ目的で「B・E社(本店:静岡県静岡市)」を設立、1994年3月には、これも同じ目的で「B社(山梨県田富町)」が設立されている。

この上記4社を中心にサリンの原材料となる化学薬品が調達されサリンが製造された。そして、1994年6月27日に発生した「松本サリン事件」の後の1994年8月には、山梨県警、神奈川県警および警察庁は、この4社の動向などを把握しており、「松本サリン事件」と「オウム真理教」の関係性を――状況証拠的だが――認識していたともいわれている(参考:NHK Nスペ 未解決事件File.02-3 オウム真理教)

以下は、「オウム真理教」と警察の動向を時系列で表した図である。

年月日オウム真理教側の動向警察側の動向
1990年教団武装化拠点建設を目的に「熊本県旧波野村(現,阿蘇市)」の15ha土地取得
1990年10月22日オウム真理教国土利用計画法違反事件 強制捜査
1993年5月警察庁警備局 全国の警察にオウム監視強化を指示
1993年8月元死刑囚Tがサリンの合成(20g)に成功
1994年1-2月30キロサリン完成(致死量300万人)
1994年3月教団発行の機関紙などにおいて、麻原元教祖がサリンに関して言及
1994年6月27日松本サリン事件(死者8人、負傷者150人超)
1994年松本サリン事件以後 長野県警によるオウム真理教関連会社の捜査 サリン原料購入者の内偵捜査(東京都世田谷区赤堤のオウム真理教関連施設)
1994年8月長野県警 オウム真理教信者が役員に就任する薬品会社からサリン原料が教団施設に移動を確認
1994年8月神奈川県警 全国の教団施設を特定 教団の取引業者を特定 オウム真理教信者が役員に就任する薬品会社のサリン原料を購入を確認
1994年9月警察庁 オウム専従班 結成
1994年10月旧山梨県上九一色村教団施設から異臭、その後、周辺土壌からサリンの残留物検出
1994年12月麻原元死刑囚 幹部部下に1995(平成7)年初め頃に宗教戦争の前哨戦宣戦布告を語る
1995年1月1日読売新聞報道 第7サティアンのサリンプラント隠蔽
1995年2月公証人役場事務長逮捕監禁致死事件
1995年3月警視庁を中心とする教団施設への強制捜査の予定が3月22日に決定
1995年3月20日麻原元死刑囚の予言成就などを目的とする地下鉄サリン事件(死者13人、負傷者6300人超)
(「NHK Nスペ 未解決事件File.02-3 オウム真理教」などを参考に作成)

上記のとおり、警察は「松本サリン事件」の約1-2か月後から「オウム真理教」とサリンとの関係性に着眼していたのだろう。だが、サリンを実際に散布した証拠は掴めていない。その間も「松本サリン事件」の第一通報者A氏への過剰な冤罪報道は続いていた。

そのような状況の1994年9月某日、「HtoH&T.K」を名乗る者(集団)により『松本サリン事件に関する一考察』は書かれ、大手新聞社、出版社などの報道機関に送付された。

『松本サリン事件に関する一考察』には、次のような文章がある。「さて、被害者であり、第一通報者。更には、建前上警察は否定するだろうが、容疑者リストの筆頭に上げられている気の毒な会社員氏」

また、第一通報者A氏に関する記述が合計4回確認される。

気の毒な会社員氏2回
会社員氏は気の毒なことに1回
不幸な会社員氏1回
合計4回

『松本サリン事件に関する一考察』は、マスコミ報道の流れを変え、その報道を利用し、「オウム真理教」に対する強制捜査(家宅捜索)の即時着手への世論誘導を意図した可能性が考えられるともいえそうだ。

『松本サリン事件に関する一考察』 誰が書いたのか?

『松本サリン事件に関する一考察』は、誰が書いたのか?どのような属性の人物が書いたのか?単独か?複数か?

『松本サリン事件に関する一考察』の筆者は誰か?この疑問には、いくつかの説があるようだ。

  1. 脱会した「オウム真理教」の幹部説
  2. 反「オウム真理教」の弁護士説
  3. 警察関係者説

ここで、『松本サリン事件に関する一考察』に記されている内容を検証してみよう。

『松本サリン事件に関する一考察』に記された内容のうち、「オウム真理教」とサリンとの関係を指摘するために用いた言葉は「オウム教信者、父親誘拐事件」「外は毒ガスが一杯で出られない(中略)またこれは、オウム信者のあいだでは広く信じられていることだ。それは、後で述べる麻原教祖自身の言動に起因する」「(前略)今回誘拐の手段として、ガス状と思われる薬物を用い、目撃者も無く、事をなし遂げている点。これこそは,懸案の『坂本弁護士一家失踪事件』の鍵を握るものではないか?そして、『松本サリン事件』に細い糸口を導いているのではないだろうか?」「何故なら、オウムの信者は、4月からサリンの名を知っていたわけだから」「信者にとって、毒ガスサリンの名は何の不思議もなく、むしろ、教祖の予言が的中したと受け取られたわけだ」「オウムにとって予言が実現されることに、意味があるのだ」「『予言の具現化』」などであり、「オウム真理教」の教義や麻原元死刑囚の思想や発言などを引用し、「オウム真理教」や麻原元死刑囚と信者の関係性などを詳細に分析などしていることがわかる。

ただし、「松本サリン事件」でのサリン散布方法はその後の裁判で事実認定された方法とは異なり「ドライ・アイスによる簡易式『時限爆弾』である」「好きな場所に好きな時間に何箇所でも、時限式サリン爆弾を設置することが可能だ」だと述べていることから、少なくとも「松本サリン事件」の実行犯の近くにいた存在ではなさそうだ。

また、『松本サリン事件に関する一考察』には、「オウム真理教」を揶揄する「同じような、白の上下に、男女の別なく短髪の彼女らは」「『麻原彰晃の歌』と言うものもあった。しかし、そのメロディは、どう聞いても『汽車ポッポッ』にしか聞こえないのだが…」「実にシュール・リアリステックな逆説主張である」「それとも裁判制度はお好きだが、司法警察はお嫌いとでも言うのだろうか?」「(前略)モスクワに寄ると良い。ホテルに着いたらテレビのオスタンキノ放送をお勧めしたい。画面に登場する麻原氏に郷愁をそそられる事でしょう」「内容が内容だけに訴訟好きのオウムの弁護士さんを狂喜させる」などの言葉や「松本サリン事件」の第一通報者A氏への捜査を続ける警察に対しては「彼がこのケースに係わっているとする警察側のシナリオは、彼が何らかの過失によってサリンを発生させたというものである。確かにこの会社員がその学歴や多数の資格からもサリンを作りうる知識を持っていると推定でき、十数種類の薬品類を保有していたことからも疑惑の念を払いきれない。しかしながら彼の自宅から押収された薬品類では、サリンの合成は不可能である。更に翌日、当該地域がゴミの収拾日であるにも係わらず、それらの押収を怠った点からも本件に対する警察の見通しの甘さが伺える。近代捜査とは、まず、彼が犯人ではない証拠を洗い出すことから始まり、その後に証拠固めをするものだ。そうでなければ裁判で公判を維持することが困難になってくる。にもかかわらず、今回の件に関しては警察の見込み捜査的判断が伺える。つまり、会社員の自白によって本件の立件が可能であるとの判断がこの事件の捜査そのものを困難なものにしている」などと述べており――印象としては――脱会した「オウム真理教」の幹部ではなそうな雰囲気を感じる。

また、オウム真理教などの新・新宗教の流行と同根的な80年代以降の少女や女性に流行している「占い/おまじない」を分析した「『占いをまとう少女たち 雑誌「マイバースデイ」とスピリチュアリティ』橋迫瑞穂,著」には、「ただし、教団の外側の世界を『救済』しようとしていたのは一部の信者だけであり、信者の大多数は、もっぱら自分自身を『救済』することに関心があった(引用:『占いをまとう少女たち 雑誌「マイバースデイ」とスピリチュアリティ』橋迫瑞穂,P195)」「オウム真理教でも、特に女性信者たちはおおむね世界の救済といった事柄に関心が薄かったが、もっぱら自分の位置づけに強い関心を持っていた特徴は、『占い/おまじない』の少女たちとオウム真理教の女性信者たちの両者に共通して見いだされることである(同P195)」などの考察があり、仮に『松本サリン事件に関する一考察』が脱会した古参幹部により書かれマスコミに送られたものならば、「外側の世界の救済」という麻原元死刑囚や超側近の理系幹部(彼らは麻原元死刑囚の脳波や血液などを用いて信者を短期間で成就させようとしていた。つまり、人間や社会をパソコンのように考えていたのかもしれない。人間や社会は機械的そして簡単に「上書き」できると思っていたのだろう)ではなく、「自分自身を『救済』」することを目的にオウム真理教に入信し過酷な修行を続けていた信者の可能性が考えられる。

では、反「オウム真理教」の弁護士説はどうだろうか?確かに『松本サリン事件に関する一考察』は「坂本弁護士一家失踪(殺害)事件」に触れているが――反オウム真理教の弁護士の一部には左翼政党に近い者もいる。その左翼政党の機関紙の編集部などにも『松本サリン事件に関する一考察』は送られてきたのだろうか?気になる点である。

最後に「警察関係者説」はどうだろうか?前述のとおり、警察庁および神奈川県警、山梨県警などは「松本サリン事件」発生からかなり近い時期に、オウム真理教とサリンとの関係性の一端を掴んでいたようだ。また、オウム真理教という「宗教法人」に対する強制捜査の着手には世論の後押しを必要としていたのかもしれない。松本サリン事件の第一通報者A氏が容疑者(被疑者)扱いされるなか、一部の警察(関係者)は世論の後押しを必要としたのではないか?

なお、『松本サリン事件に関する一考察』には、「北ベトナムのキャンプ・フェイス捕虜収容所」や「帝銀事件」(参考:帝銀事件 検証 詐欺師の犯罪)の言葉もある。これらの言葉から、『松本サリン事件に関する一考察』の筆者の年齢は当時(1994年当時)、40歳代以上だったのかもしれない。

『松本サリン事件に関する一考察』は、世紀末を前にした90年代の社会を知る者や「オウム真理教」と一連の事件を知る者には――印象深い――怪文書なのだ。

※参考文献

オウム真理教“オウム隠し”巧妙な手法 多数のダミー会社駆使 産経新聞 1995年4月6日付
オウム真理教 ダミー会社で薬品購入 3社、サリン原料も 「地下鉄」溶剤含む 北海道新聞 1995年3月25日付
関連企業群の設立、最近3年に集中 目的は?捜査当局も関心 オウム真理教 毎日新聞 1995年4月6日
怪文書『松本サリン事件に関する一考察』「オウム真理教=サリン事件怪文書」別冊宝島 1995年8月など

未解決事件 オウム真理教秘録 NHKスペシャル取材班 文藝春秋 2013年5月29日
オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義 大田俊寛,著 春秋社  2011年3月1日

占いをまとう少女たち 雑誌「マイバースデイ」とスピリチュアリティ 橋迫瑞穂,著 青弓社 2019年02月26日 

※映像

「NHK Nスペ 未解決事件File.02-3 オウム真理教」

お時間があれば、ぜひ、以下の記事もご覧ください。

Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 映画「KOTOKO」考察
    Coccoという歌手がいる。彼女が作った歌は全てが独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する何か…
  2. 現在、普通に世界中の劇場で使われる舞台機構で、歌舞伎発祥のものがある。舞台機構以外にも歌舞…
  3. 市川団十郎
    先日、松竹株式会社から正式に2022(令和4)年11月、12月公演で「十三代目市川團十郎白…
  4. ,歌舞伎
    三島由紀夫(1925~1970)は小説家として有名で、新潮文庫で34冊も出ているくらい、多…
  5. 人魚
    王子様に憧れ、人間になることを望んだ人魚姫。美しい歌声で船乗りの心を捉えてしまうローレライ。人魚が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る