神から妖怪へ変化したものたち~なぜ彼らは変化したのか~

山姥

ろくろ首にぬりかべ、のっぺらぼう。こうした妖怪たちは、現在でも有名だ。それでも、その存在を信じている人は、今ではほとんど残っていないことだろう。

しかし、遥か昔、日本の闇が今よりも暗かった時代には、確かにこうした存在が信じられていた。そしてその時代は、神もまた今よりも身近な存在だった。

神と妖怪。これらの存在は同じく超常的なものでありながら、相いれないものだと考えてしまいがちだ。しかし、両者の垣根は意外と低い。神から妖怪になったものがあるからだ。

今回は、そうした変化を遂げた妖怪や神について、有名な物語などを紹介しながら考えていきたいと思う。

天邪鬼(アマノジャク)

極端にひねくれた性格をしている人を、「アマノジャクだ」と呼んだことがあるだろう。これは、有名な妖怪「天邪鬼」の性格や行動に由来するものだ。

天邪鬼は、日本の各地の民話に登場する妖怪だ。醜悪な小鬼の姿で描写されることが多く、人の考えを読み、相手の口真似をするなどしてからかうとされている。要するに、なんだか「ムカつく」妖怪という訳だ。

そんな天邪鬼だが、元々は神が妖怪化したものだとされている。天邪鬼が神だった頃の名前は「天探女(アメノサグメ)」と言い、日本神話に登場する女神の一柱だ。しかも、女神と聞いて思い浮かべるような神々しいものではない。詳細は省くが、天探女は勤めを果たさない男神をそそのかし、仕事をするように言いに来た使いの雉を射殺させてしまうからだ。

天探女は、天の動きや人の心を読む力を持っていたとされる。それは、少しグレードダウンしてはいるものの、後身の天邪鬼にも引き継がれている。 神の一柱から妖怪へ。その原因の一旦は、神としての彼女の性格にあるのだろう。天探女は、神よりも人間に近いものだ。そんな性格が、より人間にとって身近な妖怪へと変化させたのかもしれない。

左のGoogleストリートビューは『今宮神社』(京都府京都市北区紫野今宮町21)です。――ストリートビューで入ると――天邪鬼がいます。お時間があれば探してみてください。ヒントは、「支えてる?踏まれてる?どちらだと思いますか?」です。

瓜子姫うりこひめ

「瓜子姫」は、天邪鬼が登場する昔話の中でも、一番有名なものだろう。ごく簡単ではあるが、その物語を紹介していこう。

ある老夫婦が瓜を拾うと、中から可愛らしい女の子が生まれてきた。女の子は瓜子姫と名付けられ、老夫婦に大切に育てられる。瓜子姫は美しく成長し、機織りが得意な少女になった。

老夫婦が出かけたある日、瓜子姫は一人で機織りをしていた。そこに現れたのが天邪鬼である。天邪鬼は瓜子姫をだまして、高い木に縛り付けてしまった。それから天邪鬼は瓜子姫の家に戻り、彼女に成りすました。

しかしその企みは、老夫婦にばれてしまう。瓜子姫は木から降ろされ、天邪鬼は手痛いお仕置きを受けた。

これが、瓜子姫の基本的なストーリーラインである。中には、瓜子姫が天邪鬼によって殺されてしまうパターンもあり、日本昔話中でも有数の残酷な話でもある。

山姥(ヤマンバ)

山姥は山奥に住む妖怪である。多くの場合は老婆の姿をしており、人を食い殺す恐ろしい化け物として描かれている。この妖怪が登場する昔話は数多く、恐ろしい妖怪の代表格と言えるだろう。

この山姥もまた、かつては神だったと考えられる妖怪の一つだ。

山姥は「山母」と書かれることがある。山は恐ろしい場所であると同時に、様々な命が生まれる場所でもある。山の中で多くの植物や獣が死に、そして生きているからだ。母性は生命を育むもの。それと同時に、鬼子母神のように恐ろしい一面を持つものでもある。山姥が「山母」と書かれるとき、それは原始的な母性を表しているのだろう。

これを表す代表的な逸話は、「金太郎」である。金太郎の母は、足柄山に住む山姥だ。

山が持つ母性を司るということは、山姥もかつては山神の一員だった可能性が高い。世界の伝説を見ても、地母神が形を変えたと思われる存在が見られることがある。山姥もまた、かつての地母神が持つ、恐ろしい一面が取り上げられ、存在が変化した妖怪なのかもしれない。

三枚のお札

「三枚のお札」は、山姥が登場する物語の中で最も有名だろう。この物語は恐ろしいながらも、どことなくユーモラスである。

昔あるお寺に小僧がいた。小僧は和尚さんが止めるのも聞かず、山へ栗拾いに行った。懐には、和尚さんに渡された三枚のお札がある。それは、小僧の身を守るものだった。

夢中で栗を拾う小僧。気が付くと、とっぷりと日が暮れていた。途方に暮れた小僧の前に一人の老婆が姿を現す。小僧は老婆に誘われ、彼女の家に泊まることになった。しかし、この老婆の正体こそ山姥だった。

山姥の家から逃げ出す小僧。小僧は1枚ずつお札を使い山姥を退け、お寺に辿りついた。山姥はお寺まで追いかけてくるが、和尚によって退治される。

座敷童(ザシキワラシ)

座敷童は、妖怪のアイドルのようなものだ。子供の姿をした妖怪であり、女の子の姿で現れることが多い。また、双子とされていることもある。主に東北・岩手県で語り継がれている妖怪である。

座敷童はいたずら好きの妖怪であるが、「家」という狭い空間において、絶大な力を発揮する「福の神」の側面も持っている。座敷童が住み着いた家は富み、商家の場合は、商売の業績がうなぎ上りとなる。その反面、彼らが家を離れてしまうと没落してしまう。

座敷童は、語り継がれている遠野の地では元々「家の神」として扱われていたようだ。それが妖怪になったのは、彼らを信仰する家庭が少なくなったからかもしれない。

遠野物語

座敷童は、民俗学者である柳田国男が遠野の地で集めた民族伝承集の『遠野物語』(青空文庫のリンクです)に登場している。ここに紹介する昔話は、彼らが持つシビアさを今に伝えている。

遠野の地に、山口孫左衛門という豪農が住んでいた。この山口家には、二人の女の子の姿をした神が住んでいるともっぱらの噂だった。

ある日、一人の男が町から帰宅する道中に、二人の女の子と出会った。男が二人にどこから来たかと尋ねると、孫左衛門の家からだという。これからどこに行くのかを尋ねると、少し離れた村にある、やはり豪農の家だという。

それから少しして、孫左衛門の家でキノコを原因とする集団食中毒が起こり、ほとんどの住人が亡くなって家が絶えてしまった。 男が出会ったのは、双子の座敷童である。福の神である座敷童がさっさと出ていく様は、神としての見切りの良さを感じさせるものだ。

総論 神から妖怪へ変化したものたち~なぜ彼らは変化したのか~

神とは、人々から畏れられ信仰されるものだ。信仰されている間は強い影響力を持ち、人々の暮らしに深く関わっている。

しかし、人の心とは変化するものだ。信仰する対象が変化したり、生活環境が変わったりすることで、かつての神は忘れ去られてしまう。では、忘れ去られた神がどうなるのかと言えば、姿を変えて語り継がれることになる。

ここで紹介した妖怪たちは、皆そのような経緯を辿ったのだろう。存在意義そのものが大きく変わり、かつての姿を無くしてしまった。

彼らの以前の姿は、古い文献の中に残されるだけだ。

☆アイキャッチ画像 パブリックドメイン 山姥山姥(やまんば)化物之繪(化物之繪、1700年頃)、ハリーF.ブルーニング日本の本と写本のコレクション、L。トムペリー特別コレクション、ハロルドB.リー図書館、ブリガムヤング大学。

☆『遠野物語』柳田国男著,1910(明治43)年6月14日

あなたにお薦めの記事

オオノギガリWebライター

投稿者プロフィール

ココナラをメインに活動中のWebライターです。2017年より、クラウドソーシング上でwebライターとして活動しています。文章を読んで、書く。この行為が大好きで、本業にするため日々精進しています。〈得意分野〉映画解説・書評(主に、近現代小説:和洋問わず)・子育て記事・歴史解説記事etc……

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 映画「KOTOKO」考察
    Coccoという歌手がいる。彼女が作った歌は全てが独特の世界観を持ち、聴く人を魅了する何か…
  2. 現在、普通に世界中の劇場で使われる舞台機構で、歌舞伎発祥のものがある。舞台機構以外にも歌舞…
  3. 市川団十郎
    先日、松竹株式会社から正式に2022(令和4)年11月、12月公演で「十三代目市川團十郎白…
  4. ,歌舞伎
    三島由紀夫(1925~1970)は小説家として有名で、新潮文庫で34冊も出ているくらい、多…
  5. 人魚
    王子様に憧れ、人間になることを望んだ人魚姫。美しい歌声で船乗りの心を捉えてしまうローレライ。人魚が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る