松野(北條)真帆容疑者と女性が被疑者として逮捕された青少年保護育成条例違反事件

事件概要

2022年8月31日、事件当時の2022年5月当時に14歳だった男子中学生に対する神奈川県青少年保護育成条例違反(淫行)の容疑で42歳の女性「松野真帆」容疑者が逮捕された。

また、松野真帆容疑者は、約2年前の2020年6月16日、事件当時14歳だった男子中学生に対する神奈川県青少年保護育成条例違反(淫行)の容疑で逮捕されていた。

なお、2020年6月16日の逮捕時の「松野真帆」容疑者の氏名は、「北條真帆」であり、同事件の逮捕時の住所は「神奈川県横浜市南区南太田3丁目」と報道されていたため、事件後に離婚、転出などがあったと推測される。

女性が「青少年保護育成条例違反」の被疑者として2回(2020年と2022年)逮捕された事件。

統計から性犯罪は再犯率が高い傾向にある。しかし、女性が「青少年保護育成条例違反」の容疑で「二回目の逮捕」は非常に珍しいケースだと思われる。

今回は、松野(北條)真帆容疑者に関する情報と女性が容疑者として逮捕された青少年保護育成条例違反事件の傾向などを調査してみたいと思う。 なお、松野(北條)真帆容疑者の前回(2020年6月16日)逮捕の事件に関するその後の情報(起訴や裁判に関する報道)が確認できないため、前回の事件で松野(逮捕時は北條姓)真帆容疑者は、不起訴処分となった可能性も考えられ、この点は留意、注意が必要である。

14歳男子中学生に“わいせつ行為” 42歳の女を逮捕 2年前にも…神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで、横浜市の無職・松野真帆容疑者(42)が逮捕されました。今年5月に横浜市旭区の自宅アパートで、14歳の中学3年生の少年にわいせつな行為をした疑いがもたれています。松野容疑者が逮捕されるのは今回が初めてではなく、2年前の2020年にも別の中学3年生の少年にわいせつな行為をしたとして、逮捕されていました。当時、松野容疑者は夫と子どもと3人暮らしでしたが、自宅は中学生のたまり場になっていたということです。今回、被害にあった少年の母親は、松野容疑者の友人だったといいます。その母親が少年の携帯をみたところ、松野容疑者とのやりとりを発見し、警察に相談したことから事件が発覚したということです。松野容疑者は調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

日テレNEWS 2022年8月31日20:15配信

松野真帆(北條真帆)容疑者の前回逮捕時の状況

前述のとおり松野真帆(北條真帆)容疑者は、2020年6月16日、当時、神奈川県横浜市南区南太田3丁目内に所在する松野真帆(北條真帆)容疑者宅内で14歳の少年に対する神奈川県青少年保護育成条例違反の容疑で逮捕されている。

当時の松野真帆(北條真帆)容疑者は京浜急行「井土ヶ谷」駅から南東方向へ直線距離で約250メートルに位置する3階建て戸建て住宅に居住していた。 同戸建て住宅の土地と建物は、上記事件(2020年)の前年の2019(平成31)年の春頃に松野真帆(北條真帆)の前夫と思われる「北條」姓の男性が購入、所有している。

また、それ以前の松野真帆(北條真帆)容疑者家族は、上記の戸建て住宅から北西に直線距離で約100メートルの場所に所在する地上14階建ての集合住宅の最上階に居住していた。

松野真帆容疑者の逮捕時の住所付近の地図(神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰2丁目)

北條真帆の氏名での逮捕から約2年後の2022年8月31日の逮捕時には、北條姓から松野姓に変更され、職業は無職、住所も神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰2丁目内の1984(昭和59)年に建てられ1階に大家(不動産所有者)が居住するアパートと報道されている。 松野真帆(北條真帆)は、前回(2020年6月)の逮捕により、多くのもの(家族や自宅や職業)を失ったとも考えられ、さらに、前回よりも重い処罰を受けることは容易に想像できる筈だが、なぜ、同じ容疑を繰り返すのか――今後の起訴の有無及び裁判が注目される。

女性が被疑者として逮捕された青少年保護育成条例違反事件

前述のとおり、女性が「青少年保護育成条例違反」の容疑で逮捕されるケースは非常に珍しいと思われる。

ここからは、女性が「青少年保護育成条例違反」の容疑で逮捕されケースとそこから読み取れる傾向や共通項など探ってみたいと思う。

確認された2000年から2022年9月1日までの該当事件

以下は、過去の報道から確認された2000年から2022年9月1日までの女性が被疑者として逮捕された青少年保護育成条例違反事件である。

事件年月事件発生場所被疑者女性の年齢/職業被害者男児の年齢
12001年8月広島県/岡山県27歳(ホステス)15歳
22003年4月北海道30歳(無職)16歳
32004年11月愛知県21歳(無職)16歳
42008年7月愛知県34歳(無職)16歳
52020年6月神奈川県40歳(会社員)14歳
62022年8月神奈川県42歳(無職)14歳
確認された2000年から2022年9月1日までの女性が被疑者として逮捕された青少年保護育成条例違反事件

なお、上記5、6は、松野真帆(北條真帆)容疑者の事件である。

また、2017年7月に「強制性交罪」が施行されたことにより、男性が加害者/女性は被害者の構成要件が撤廃されたため、13歳未満の男児との性交したの容疑(強制性交の罪)で、香川県内の22歳の女が逮捕され、2019年9月の裁判で、同女性被告に懲役3年執行猶予5年(求刑懲役5年)が言い渡されている(参考:男児と性交容疑、22歳の女を逮捕 スマホで知り合う 朝日新聞 2019年1月24日付、男児と強制性交した女に有罪判決 朝日新聞 2019年9月5日付)

該当事件の傾向と共通項及び事件の雑感

上記6つの事件の女性被疑者(容疑者)の平均年齢は、32歳であり、被害者男児の平均年齢は、15歳である。

さらに、被疑者の職業は無職が多く、金銭が介在することが多い男性加害者と女児の関係(児童買春など)とは傾向が違うようだ。また、3(2004年の愛知県の事件)と5(松野真帆容疑者の1回目の逮捕事件)の当時の報道によれば、加害者の自宅が児童の「たまり場」になっていたとの報道が確認される(参考:少年にみだらな行為をした女逮捕 中日新聞 2004年11月14日付、中学生にみだらな行為の疑いで女逮捕 東京新聞 2020年6月17日付)

2000年以降の確認された女性が被疑者として逮捕された青少年保護育成条例違反事件の件数が非常に少ないため、同容疑で逮捕された女性の傾向や事件の背景などの詳細には不明点が多いが、2つの事件で加害者の自宅が児童の「たまり場」になっていたことがわかる。

大人のいる「たまり場」には居場所のない児童の「心許せる場所」のイメージや少年・少女の気持ちを理解し相談相手などになる面倒見の良い「大人がいる場所」のイメージもあるが――その「たまり場」が犯罪の場所になることもある。

そして、青少年保護育成条例違反事件で2度目の逮捕となった松野真帆(北條真帆)容疑者には、今後、同様の事件を起こさぬよう更正のためのプログラムが必要だろう。

女性教師が加害者の生徒等への児童福祉法違反などの事件

【追記 2022年9月8日】

2022(令和4)年9月7日、年齢30歳の特別支援学校の女性教師が元教え子の男子生徒(年齢不明)に対する淫行(児童福祉法違反)で懲戒処分の発表があった。なお、同女性教師はは2022(令和4)年3月に同容疑逮捕され、同月25日には、東京地検に児童福祉法違反罪で起訴されていた。

「東京都教育委員会は7日、教え子だった男子生徒にみだらな行為をしたとして、特別支援学校の女性教諭(30)を懲戒免職(中略)発表によると、女性教諭は2020年12月、都内の商業施設に止めた車の中で、以前担任を務めていた男子生徒とみだらな行為をした。進路相談に乗るとして生徒を呼び出し、ドライブをしていた。女性教諭は都教委の調査に「好意はなかったが、自分の責任だ」と話しているという(後略)

教え子だった男子生徒呼び出し、女性教諭が車内でみだらな行為…「好意はなかったが自分の責任」読売新聞 2022年9月8日 12:42配信

女性教師による教え子、元教え子などの未成年者に対する児童福祉法違反(わいせつ事件)。

上記の女性教師が加害者となるケースも比較的少ないケースだが、教師という立場の利用や特別支援学校の教師の事件ということに悪質性を感じる。

近年の主な同種事案/事件(女性教師が加害者と教え子などが被害者の事件)を過去の報道から抜粋した。

発生年事件概要
2008年沖縄県教育委員会発表 中学校の35歳の女性教師が男子生徒に淫行。
なお、その後、県青少年保護育成条例違反(深夜外出の制限)の容疑で起訴猶予処分。
2016年沖縄県教育委員会発表 40代の女性教師が男子高校生に淫行。
2018年岐阜県教育委員会発表 中学校の女性教師が元教え子に淫行。
なお、その後、県青少年健全育成条例違反の容疑で起訴猶予処分。
主な女性教師が加害者と教え子などが被害者の事件

男性教師が加害者、女児生徒が被害者となる事件は多いが、女性教師が加害者、男児児童が被害者の事件も――当然だが――あり得る。文科省や各都道府県の教育委員会は、児童の被害、生徒の被害を「根絶」することを目標に掲げているらしい。これからも摘発は続くだろう。


★参考・引用文献
淫行疑い女性教諭免職/県教委3人処分 酒気帯び停職六カ月 沖縄タイムス2008年5月8日付
元女性教諭を起訴猶予処分 琉球新報2008年5月11日付
生徒と淫行疑い 女性教諭を免職/県教委 沖縄タイムス 2016年11月26日付)
元教諭の女性不起訴に滋賀県 朝日新聞 2018年6月2日


★よろしければ以下の記事もご覧ください。


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. The Boys from Brazil
    映画『ブラジルから来た少年(The Boys from Brazil)』は、総統アドルフ・ヒトラーの…
  2. 高野山 
    高名な僧である空海には、今も様々な伝説が残っている。その中で最も有名なものは、「空海が高野山の奥の院…
  3. アウシュヴィッツ
    ゾンダーコマンドの反乱(武装蜂起)が行われた1944年10月7日の前日と思しき日。死の収容所アウシュ…
  4. 赤城神社主婦失踪事件
    赤城神社主婦失踪事件 概要 1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N…
  5. 孤独絶望悲しみ
    渋谷通り魔事件の概要 本記事は「渋谷通り魔事件」の15歳の女子中学生の氏名、SNS、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る