田中大介容疑者の自宅状況は?前住所は愛知県津島市?愛知県母子3人死亡事件の調査

事件概要

令和4(2022)年7月13日、妻に対する殺人の容疑で愛知県丹羽郡扶桑町小淵に住む夫田中大介(42歳)が逮捕された。

同事件は、令和4(2022)年8月9日、愛知県犬山市内の車から2人の子供(9歳女児と6歳男児)の遺体が発見されたことから発覚し、その後、田中大介容疑者の自宅から妻42歳の遺体も発見されている。

今回の田中大介容疑者の逮捕は妻の殺害容疑であるが、子供2人の殺害もほのめかしているとの報道が散見される。 また、田中容疑者の身体には複数の「自分で傷つけた」切り傷(傷の程度は不明)があるとも報道され、妻、子供2人を殺害したのち、自殺などを試みようとした可能性も考えられる(事実認定されていないため偽装工作の可能性も考えられる。この点も含め起訴後の裁判で明らかになるだろう)

42歳父親、殺人容疑で逮捕=母子3人死亡―愛知県警 愛知県犬山市で車の中から小学生の姉弟の遺体が見つかり、扶桑町の自宅から母親の遺体が発見された事件で、県警は13日、母親に対する殺人容疑で、行方不明となっていた父親の職業不詳田中大介容疑者(42)=同町小淵=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。逮捕容疑は8~9日、自宅で妻の智子さん(42)の首を絞めて殺害した疑い。県警によると、田中容疑者は13日午前、県警犬山署に出頭した。智子さんについて、「口論になり殺した」との趣旨の供述をしているという。同容疑者の首や腕には切り傷のような痕があり、「自分で傷つけた」と話している。事件は9日午後に発覚。犬山市の市道脇の斜面に停車した車の中で、田中容疑者の長女で小学4年生の千結さん(9)と長男で小学1年生の十楽君(6)が死亡しているのが見つかった。その後、扶桑町の自宅で智子さんが遺体で発見された。同容疑者は子ども2人の死亡についても関与をほのめかしているという。

時事通信社 2022/08/13 23:33配信

2022年8月9日 17時20分頃愛知県犬山市八曽の市道脇斜面の車中から子供の2人の遺体発見
2022年8月9日 23時頃愛知県丹羽郡扶桑町内の田中大介宅で妻の遺体発見
2022年8月13日親族に連れられ田中大介容疑者出頭 妻を殺害した容疑で逮捕
2022年8月14日同容疑で送検
2022年9月1日長女9歳、長男6歳を殺害した容疑で再逮捕(2022年9月1日 追記)
愛知県母子3人死亡事件の流れ 資料2022年8月14日作成 2022年9月1日再逮捕情報を追記

田中大介容疑者の自宅状況

報道されている田中大介容疑者の自宅は、愛知県丹羽郡扶桑町小淵に所在する外観・白/青色系の2階建て建物である。

田中大介容疑者は、上記の自宅の建物を2016(平成28)年3月頃に新築し、土地と建物には約2,500万円のローンが設定されている。

各種の報道で田中大介容疑者の職業は「不詳」とされているが、約2,500万円の住宅ローンが組まれていることから、自宅を購入した2016(平成28)年前後の時期(当時の田中大介容疑者の年齢は35歳前後と推測)には安定した収入があったと思料され、会社員、公務員、団体職員、自営などだった可能性が高い。

田中大介容疑者の前住所は愛知県津島市?

前述のとおり、田中大介容疑者は現住所の愛知県丹羽郡扶桑町小淵に所在する2階建て住宅を約7年前に購入し、それ以前は愛知県津島市内の名古屋鉄道津島線「青塚駅」から1キロ圏内の2階建て賃貸アパートに住所があったことが登記簿から確認される。

今回の事件で被害者となった子供たちは、9歳の女児と6歳の男児だ。約7年前の田中大介容疑者と被害者の妻は35歳前後と判断される。

約7年前、愛知県津島市内の賃貸アパートに住んでいた35歳前後の夫婦と2歳の女児。被害者の男児の年齢から妻は当時、この男児を妊娠していたのかもしれない。

これから家族が4人になる。子供が大きくなる。将来のために、子供のために、妻のため、自分のために――田中大介容疑者は家を購入したのかもしれない。だが、そのマイホームが事件現場となってしまったようだ――。

田中大介容疑者のその他の情報の有無

田中大介容疑者の過去の犯罪報道

田中大介容疑者の可能性が考えられる同一名人物の過去の犯罪報道を確認したが、同姓同名者が非常に多いため田中大介容疑者と判断できる同一名人物の過去の事件報道の確認はできなかった。

また、田中大介容疑者と判断できる事件報道以外の過去報道も上記と同様の理由から確認不能だった。

田中大介容疑者のSNSアカウント

田中大介容疑者に関してネットメディアリサーチを実施したところ、田中大介容疑者の同姓同名者のSNSアカウントが複数確認できたが、田中大介容疑者と判断できる(現住所のある愛知県丹羽郡扶桑町及び前住所の愛知県津島市に関連などする)SNS(Facebook 、 Twitter、Instagram)の確認には至らなかった。

家族(親族)間の殺人事件は減少しない

本邦の殺人事件は、昭和50年代頃から減少傾向となり、2013(平成25)年には、殺人認知件数が初めて1,000件を下回るが(参考:各年度犯罪白書)、被害者と被疑者の関係の約50パーセントは親族間の殺人である。

以下の図表は、平成9年次から令和2年次の殺人事件の総数と被害者と被疑者(容疑者)の関係(親族関係)の数である。令和2年度の刑法犯(殺人)の総数は824件、そのうちの388件は被害者の親族が被疑者(容疑者)である。なお、「捜査の結果,犯罪が成立しないこと又は訴訟条件・処罰条件を欠くことが確認された事件を除く(引用:令和3年版 犯罪白書 第6編/第1章/第5節)」

令和3年版 犯罪白書 第6編/第1章/第5節から作成クリックで拡大

以下の図表から、令和2年度の殺人事件のうち47.1%は親族による犯行だということがわかる。他の重大事件と比較すると殺人事件の被疑者(容疑者)は親族が突出して多いことが読み取れる。

また、日本では「無理心中」と呼ばれる相手(家族)の意思(大抵の場合の被害者は子供や老人、病人など)を無視した複数の自殺(殺人)も多いといわれている。

現時点で今回の田中大介容疑者の事件は未解明のため田中大介容疑者が、なぜ2人子供を殺したのか?(2022年8月14日現在、前述のとおり子供2人に対する殺人をほのめかす供述をしている)などは不明だが、田中大介容疑者が妻、子供を殺害したとするならば、最も「縁」や「絆」が深いと社会的に思われている家族の間での頻発する殺人事件の一つ、無理心中の一つだとも考えられる。

2017(平成29)年10月6日、茨城県日立市田尻町内で発生した「日立妻子6人殺害事件」の被告Aは、その裁判(2021年6月30日の水戸地裁で死刑判決。その後、被告は東京高裁へ控訴)のなかで「(前略)被告人がAを殺害すれば,子ら5名は殺人犯とその被害者の子になってしまい,Aの両親が子ら5名を養育することもできず,明るい未来がないだろうから2子ら5名をも殺害した上で自死し,全てを無くした方がよいのではないかと考え始めるようになった(後略)」と認定されている。

「家族」という閉じた関係のなかで発生する殺人などの重大な犯罪。 今後も減ることはないのかもしれない。

【追記】
2022年9月1日、田中大介容疑者は、長女9歳、長男6歳に対する殺人罪の容疑で再逮捕され、田中大介容疑者は2人の子への殺人容疑を認めている供述をしているとの報道がなされた。「参考・引用:愛知の母子3人死亡、父親を長女・長男への殺人容疑で再逮捕『間違いありません』読売新聞 2022/09/01 15:48配信」

現時点で田中大介容疑者の犯行動機などには不明な点が多く、殺された妻A氏との間にどのようなトラブルや諍いがあったのか等も憶測の域を出ないが――(まだ事実認定はされていないが)田中大介容疑者が「殺した」と自供する2人の子が気の毒でならない。


あなたにオススメの記事 家族(親族)間の事件と「家族の問題」


Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. The Boys from Brazil
    映画『ブラジルから来た少年(The Boys from Brazil)』は、総統アドルフ・ヒトラーの…
  2. 高野山 
    高名な僧である空海には、今も様々な伝説が残っている。その中で最も有名なものは、「空海が高野山の奥の院…
  3. アウシュヴィッツ
    ゾンダーコマンドの反乱(武装蜂起)が行われた1944年10月7日の前日と思しき日。死の収容所アウシュ…
  4. 赤城神社主婦失踪事件
    赤城神社主婦失踪事件 概要 1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N…
  5. 孤独絶望悲しみ
    渋谷通り魔事件の概要 本記事は「渋谷通り魔事件」の15歳の女子中学生の氏名、SNS、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る