北原勝博 容疑者(2021年11月24日 水泳教室の送迎バス内での強制わいせつ事件で逮捕)に関する調査報告

ニュース・報道記事

2021年8月11日、17時40分~18時15分頃、神奈川県秦野市を走行中の水泳教室の送迎用車内で、小学2年の女児への強制わいせつの容疑(嫌疑)で、11月24日、同水泳教室のアルバイト運転手北原勝博容疑者(70歳)が逮捕された。

<報道>

毎日新聞2021年11月24日付 スイミングスクールの送迎バス内で、小学生の女子児童の太ももを触るなどのわいせつ行為をしたとして、神奈川県警秦野署は24日、バスを運転していた二宮町中里2の自称アルバイト、北原勝博容疑者(70)を強制わいせつの疑いで逮捕した。北原容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。
逮捕容疑は8月11日午後5時40分~6時15分ごろ、秦野市内を走行していたスイミングスクールの送迎用のマイクロバス内で、小学2年の女児(7)に対して太ももを触ったり、自身の股間を触らせたりするわいせつな行為をしたとしている。同署によると、女児は座席ではなく、運転席と助手席の間に座っていた。当時バスには他の児童も乗っていたという。女児が「足を触られた」などと親に被害を申告し、同署が調べていた。

毎日新聞2021年11月24日付

なお、同人は容疑(嫌疑)を否認しているらしい。(2021年11月24日の報道時点)

北原勝博容疑者の過去の犯罪報道

北原勝博容疑者について調査を行った結果、北原勝博容疑者と判断される同姓同名者が、平成30(2018)年10月23日、道路運送車両法違反(無車検・検査標章不正使用)の疑い(嫌疑)で現行犯逮捕されていた。

<報道記事>

偽造した検査標章を使用したとして、大磯署は23日、二宮町中里2丁目、ハイヤー運転手(いずれも自称)北原勝博容疑者(67)を道路運送車両法違反(無車検・検査標章不正使用)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。北原容疑者は「車検代がもったいなかった」と話しているという。 署によると、北原容疑者は23日午前6時ごろ、有効な車検を受けず、フロントガラスに偽造した検査標章を貼り付けて同町一色の県道を運転した疑いがある。署員がシートベルトをせずに走行していた北原容疑者の車を検問で止め、車検を確認。昨年2月に有効期限が切れていたものの、フロントガラスの検査標章が来年3月まで有効になっていたことから発覚したという。 朝日新聞 2018年10月24日付

上記2つの事件の逮捕時の住所は「神奈川県中郡二宮町中里2丁目」、年齢もほぼ同一のため、同一人物の可能性が非常に高いと思料される。

逮捕時、上記の同性同名者は、「車検代がもったいなかった」と身勝手な理由を語っていたようだ。

参考地図 神奈川県中郡二宮町中里2丁目 付近

北原勝博容疑者のその他の情報

北原勝博容疑者の可能性が考えられる同一名人物の過去の破産歴などを確認したが、 北原勝博容疑者の可能性のある同一名人物の過去の破産歴は認められなかった。なお、過去のNTT電話帳を確認したところ、「神奈川県中郡二宮町 2丁目」に北原勝博容疑者の同一名者の掲載があり、記載されている住所には戸建て住宅が所在するようだ。

北原勝博容疑者のSNSアカウント

北原勝博容疑者に関してネットメディアリサーチを実施したが本人と判断できるSNS(Facebook 、 Twitter、Instagram)の確認には至らなかった。 北原勝博容疑者は70歳だ。そもそも、 SNS(Facebook 、 Twitter、Instagram)に興味などなかったのかもしれない。

雑感

前述のとおり、今回の逮捕時の報道によれば、 北原勝博容疑者は容疑(嫌疑)を否認しているらしい。今後、さらなる捜査が進むなか、北原勝博容疑者はなにを語るのだろう。身勝手な話は聞きたくない。

Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. The Boys from Brazil
    映画『ブラジルから来た少年(The Boys from Brazil)』は、総統アドルフ・ヒトラーの…
  2. 高野山 
    高名な僧である空海には、今も様々な伝説が残っている。その中で最も有名なものは、「空海が高野山の奥の院…
  3. アウシュヴィッツ
    ゾンダーコマンドの反乱(武装蜂起)が行われた1944年10月7日の前日と思しき日。死の収容所アウシュ…
  4. 赤城神社主婦失踪事件
    赤城神社主婦失踪事件 概要 1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N…
  5. 孤独絶望悲しみ
    渋谷通り魔事件の概要 本記事は「渋谷通り魔事件」の15歳の女子中学生の氏名、SNS、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る