服部洋介 容疑者(2021年11月29日 熊本市北区のアパートで発生した現住建造物等放火事件で逮捕)に関する調査報告

ニュース・報道記事

2021年11月29日18時頃、熊本県熊本市北区の2階建てアパートに放火した容疑(嫌疑)で熊本市亀井町の無職、31歳男性、服部洋介容疑者が逮捕された。なお、同人は20時頃、熊本市中央区の交番に自首したらしい。

<報道>

熊本市の火事 放火容疑で30代の男逮捕 熊本朝日放送 11/30(火) 12:10配信 29日夜、熊本市でアパートの1室を燃やした疑いで31歳の無職の男が逮捕されました。 逮捕されたのは熊本市北区清水亀井町の無職服部洋介容疑者(31)で、29日午後6時ごろ熊本市北区のアパートの2階の1室およそ45平方メートルを燃やした現住建造物等放火の疑いです。 この火事でけがをした人はいませんでした。 服部容疑者が29日午後8時すぎ熊本市中央区の交番に自首し「自宅に火をつけたので自首しに来た」と話し逮捕に至りました。 暖房器具に衣類をかけ部屋を燃やしたと話していて「イライラしていた」と容疑を認めています。

熊本朝日放送 11/30(火) 12:10配信

上記の報道によれば、服部洋介容疑者は「イライラ」を犯行動機として語っているらしい。

非常に身勝手な動機だとも思えるが、他にも何らかの原因などがあるのかもしれない。

服部洋介容疑者の過去の犯罪報道

服部洋介容疑者について調査を行った結果、服部洋介容疑者と判断される同姓同名者は、平成27(2015)年2月17日、熊本県熊本市西区内のネットカフェで、面識のない他の利用客の頭をモンキーレンチで殴打、その男性に一週間の怪我を負わせた傷害罪の容疑(嫌疑)で現行犯逮捕されいた。

そして、動機については「親とけんかしたので、警察に捕まって困らせたかった」と供述していたらしい。

<報道>

見知らぬ男性を襲う

熊本北署は17日、熊本市西区花園5、職業不詳服部洋介容疑者(24)を傷害容疑で現行犯逮捕した。発表では、同日午前10時半頃、同区上熊本2のインターネットカフェで、客として居合わせた男性(44)の頭部をモンキーレンチで殴り、1週間のけがを負わせた疑い。2人に面識はなかった。服部容疑者は特殊警棒も所持しており、「親とけんかしたので、警察に捕まって困らせたかった」と供述しているという。

読売新聞 2015年2月18日付

上記、2015年2月17日の事件の容疑者の年齢は24歳、今回(2021年11月28日)の事件の服部洋介容疑者の年齢は31歳である。

年齢および居住地域(両事件とも事件当時の住所は熊本市内)から推測すると 2015年2月17日 の事件の同性同名者と今回の事件の服部洋介容疑者は同一人物の可能性が非常に高いと思料される。

そして、2015年2月17日の傷害事件の動機は 「親とけんかしたので、警察に捕まって困らせたかった」 と逮捕時に供述していたらしい。

服部洋介容疑者のその他の情報

服部洋介容疑者の可能性が考えられる同一名人物の過去の破産歴などを確認したが、 服部洋介容疑者の可能性のある同一名人物の過去の破産歴は認められなかった。

服部洋介容疑者のSNSアカウント

服部洋介容疑者に関してネットメディアリサーチを実施したが本人と判断できるSNS(Facebook 、 Twitter、Instagram)の確認には至らなかった。

雑感

親と喧嘩したから面識のない人をモンキーレンチで殴打する。イライラしたからアパートに放火する。

服部洋介容疑者は、なにか大きな問題を心に抱えているのかもしれない。だが、だからといって見ず知らずの他人をいきなりモンキーレンチで殴打したり、アパートに火をつけることを正当化することはできない。

なぜなら、これら二つの事件は非常に重大な結果に繋がる可能性があるからだ。

Jean-Baptiste Roquentin運営者

投稿者プロフィール

Jean-Baptiste RoquentinはAlbert Camus(1913年11月7日-1960年1月4日)の名作『転落(La Chute)』(1956年)とJean-Paul Sartre(1905年6月21日-1980年4月15日)の名作『嘔吐(La Nausée)』(1938年)に登場するそれぞれの主人公の名前からです。
Jean-Baptiste には洗礼者ヨハネ、Roquentinには退役軍人の意味があるそうです。
小さな法人の代表。小さなNPO法人の監事。
分析、調査、メディア、社会学、政治思想、文学、歴史、サブカルなど。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. The Boys from Brazil
    映画『ブラジルから来た少年(The Boys from Brazil)』は、総統アドルフ・ヒトラーの…
  2. 高野山 
    高名な僧である空海には、今も様々な伝説が残っている。その中で最も有名なものは、「空海が高野山の奥の院…
  3. アウシュヴィッツ
    ゾンダーコマンドの反乱(武装蜂起)が行われた1944年10月7日の前日と思しき日。死の収容所アウシュ…
  4. 赤城神社主婦失踪事件
    赤城神社主婦失踪事件 概要 1998年5月3日午前11時半ごろ、千葉県在住の主婦N…
  5. 孤独絶望悲しみ
    渋谷通り魔事件の概要 本記事は「渋谷通り魔事件」の15歳の女子中学生の氏名、SNS、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る